企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

熊谷組/無人化施工技術の開発強化/技研に屋外実験ヤード新設  [2018年4月17日1面]

屋外実験ヤードを無人で走行するクローラーダンプ

 熊谷組は無人化施工技術の開発を一段と強化する。建設機械と情報化施工に関連するキーデバイスの開発・実験に恒常的に取り組めるよう、茨城県つくば市の技術研究所に屋外実験ヤードを新設した。約5000平方メートルの走行路を備える。遠隔操作性能や自動運転の精度を高めるなど、建設現場の生産性向上策i-Constructionの技術に磨きを掛ける。=3面に関連記事
 同社の無人化施工技術は定評があり、近年では熊本地震の復旧事業で「阿蘇大橋地区斜面防災対策工事」に導入され、成果を上げている。災害時には迅速に対応して被害の拡大を防ぎ、復旧することが欠かせない。そのためには平時から建機やオペレーターの準備が必要となる。屋外実験ヤードを無人化施工機械の操作訓練にも役立てていく。
 18年度に始動した中期経営計画では、森林保全事業に役立つ林道整備技術・無人化施工技術、人工知能(AI)を活用したロボット技術の開発なども推進する。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む