特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

高松市防災合同庁舎 完成  [2018年4月23日]

 高松市が本庁舎西側に整備を進めていた高松市防災合同庁舎(危機管理センター)が完成した。南海トラフ巨大地震などの大災害に備え、最先端の技術で市民の安全・安心を守る中核施設として機能する。常設の災害対策本部室のほか、危機管理課や消防局、下水道部、情報政策課などが配置される。24日に落成式を行い、5月7日から順次業務を開始する。
■建築概要■
■施設名称/高松市防災合同庁舎(危機管理センター)
■所在地/高松市番町1丁目
■発注者/高松市
■設計/佐藤総合計画・タカネ設計JV
■施工/建築:大成建設・四電エンジニアリングJV、電気設備:四電工・松井電機JV、機械設備:徳寿工業・雉鳥工業JV、防災行政無線システム移設整備・消防局画像伝送システム整備:協和エクシオ、高機能消防指令システム等整備:四電工・三電計装JV
■構造・規模/庁舎:S造(基礎免震構造)地上8階建て延べ1万1501.53m2公用車駐車場:S造地下1階地上4階建て延べ6400.07m2障がい者等駐車場:S造平屋86.53m2
■工期/2015年3月23日~18年2月28日

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む