論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/維持管理にAIを  [2018年5月15日1面]

 ここに来て人工知能(AI)という言葉を目にする機会が多くになった。テレビや新聞などでAIの2文字を毎日のように目にする。1950~60年代と80年代に続く3回目のブームは一過性に終わらない勢いがある▼データ分析にとどまらず、銀行が行う住宅ローンの仮審査や、膨大な求人情報から求職者に適した会社情報を選ぶマッチング・サービスなど活用範囲は多種多彩だ▼建設業でもAI活用を模索する動きは活発化する。人材不足を補うため、さまざまな業務に取り入れる企業が急増。自動化・省人化の流れの中で対応は不可避ともいえる▼先日、社会インフラや先端技術に詳しい三菱総合研究所の竹末直樹主席研究員に話を聞く機会を得た。日本の建設業では「橋や道路など膨大なインフラの維持管理にこそAIを用いる意義がある」と竹末氏。目視点検の対象箇所を選別する基礎仕分けにAIを使えば「作業を大幅に効率化できる」とも▼地方都市では技術者不足もあり、維持管理の効率化と体系化が急務。AIそして深層学習の技術がこのままの勢いで進化すれば、課題解決の糸口が見える日もそう遠くなさそうだ。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む