サイト内検索

検索結果:10640件

末広町1丁目地区再開発(大分市)/16年度の都計決定めざす/準備組合 [2015年4月28日17面]

 大分市のJR大分駅北口で再開発事業を計画している末広町1丁目地区市街地再開発準備組合(吉田祐一郎理事長)は、現段階で検討している事業の概要と今後の見通しを明らかにした。再開発ビルは30階建て程度の高層マンション棟、3~4階建て程度の商業棟に加え、ホテルまたは医療施設などのテナントを誘致し、建物規模は延べ3万平方メートル程度を想定。16年度の都市計画決定、19年度の着工、21年度の完成を目指す。
...続きを読む

京都市上下水道局/新山科浄水場第2導水トンネル設計(山科区)入札公告 [2015年4月28日13面]

 京都市上下水道局は27日、「新山科浄水場第2導水トンネル築造工事に伴う測量、調査及び設計委託」の一般競争入札を公告した。事後審査型で、入札参加資格確認申請書などは5月15日まで用度課ホームページなどで交付、入札書や申請書類の提出は同13~15日の期間内に電子入札システムなどで受け付ける。開札は同18日。事業は、市内給水量の約半分を担う新山科浄水場における大規模災害時のバックアップ体制強化を図るの...続きを読む

回転窓/ドローン、上手に利用を [2015年4月28日1面]

 先週から新聞やテレビをにぎわしている「ドローン」なる言葉。小型無線航空機(UAV)のこと。無線操縦ヘリと違って素人でも操作が簡単で値段も安く、世界中でヒット商品になっている▼こともあろうに首相官邸の屋上に落ちたことに誰も気付かず、警備や危機管理の甘さとともに、UAVそのものが大きくクローズアップされることになった。政府内では規制論議も浮上している▼一方で、情報通信や撮影などの関連機器が高性能・小...続きを読む

15年春の褒章受章者発表/岡本森廣氏らに黄綬褒章/5月15日伝達式 [2015年4月28日1面]

 政府は、15年春の褒章の受章者を発表した。29日付で発令する。褒章の伝達式は各省で行われ、国土交通省関係の伝達式は、5月15日午前11時から東京・霞が関の同省10階共用大会議室で。
 長年、業務に精励した人に贈られる黄綬褒章は、大阪府建築士会会長(全日本コンサルタント技術調査役)の岡本森廣氏(66)、和歌山県建設業協会会長(三友工業社長)の矢部幸雄氏(76)、全国防水工事業協会副会長(マサル社...続きを読む

国交省/自治体に工事平準化要請/債務負担の積極活用、発注事務軽減効果も [2015年4月28日1面]

 国土交通省は、年度末に偏る公共工事の工期を平準化するため、地方自治体に対し債務負担行為を積極的に活用するよう文書で要請した。債務負担行為を使うことで、通常なら工事量が大きく減る翌年度第1四半期を含めた工期設定を行うことを想定。年度末の現場のひっ迫を改善し、無理のない工期を実現する。翌年度の年度末に予定していた工事を年度当初に移すことも可能になるため、事業の前倒しと、一体発注による発注事務の軽減、...続きを読む

日建連会員14年度受注、総額9・4%増/4年連続増加 [2015年4月28日1面]

 日本建設業連合会(日建連、中村満義会長)がまとめた会員98社の14年度受注総額は前年度比9・4%増の15兆2311億円となった。増加は4年連続(11年度は旧日建連の48社集計)。製造業、非製造業からの受注が増え、国内民間が前年度比4・4%増となったのに加えて、東京外かく環状道路都内区間の大型工事(計約5000億円)を含む国内官公庁からの受注が23・4%と大幅に増えた。海外は、前年度に大型工事が相...続きを読む

安藤ハザマ、横河住金ブリッジ/シールドトンネル特殊部向けセグメント開発 [2015年4月28日3面]

 安藤ハザマと横河住金ブリッジ(茨城県神栖市、小山清一社長)は27日、シールドトンネルの特殊部や矩形断面に用いる特殊合成セグメントを共同開発したと発表した。外面を覆う鋼製部材と、その内部に充てんしたコンクリートとを一体化した合成構造のセグメント。高い耐力や靱(じん)性を発揮するとともに、厚肉鋼材を採用してセグメントの桁高を抑え、トンネル内部の空間を確保できる。両社は今後、大断面・大深度のシールドト...続きを読む

国交省/外国人就労者受け入れ、送り出し国の訓練支援/先導的モデル事業対象に [2015年4月28日1面]

 国土交通省は、外国人建設就労者受け入れ事業で、送り出し国側が行う先導的な事前訓練を支援する。モデルケースとして3件ほどの事例を選定し、訓練に必要なカリキュラム作成や講師派遣の費用として1件当たり200万~300万円を支給する。外国人技能実習制度を超える高い技能を持った外国人を日本で受け入れ、帰国後も日本のゼネコンが受注した工事に従事するなど、日本式の施工を熟知した人材として活躍してもらうことも視...続きを読む

東北整備局/道路舗装性能発注で初の評価結果公表/3項目とも規定値クリア [2015年4月28日10面]

 東北地方整備局は27日、排水性舗装の新設と維持管理を一体化した性能発注方式の試行工事について、全国で初めて評価結果を公表した。対象となったのは「鶴岡地区舗装・維持補修工事」。それによると、わだち掘れ、ひび割れ、浸透水量の3項目の測定値がいずれも規定をクリアし、適切な施工により品質が確保されたことを確認した。工事完成から3年後のわだち掘れ量は最大8ミリで規定値の上限と同じ値。ひび割れ率は規定の20...続きを読む

ターニングポイント/東急建設・飯塚恒生社長/現場主義の原点 [2015年4月28日3面]

 「約10年の歳月を費やした東急池上線の地下化と、初めて所長を務めた横浜市営地下鉄あざみ野駅の地下駅の二つの現場かな」。そう話すのは東急建設の飯塚恒生社長。自身の考え方や価値観を方向付けられた現場だという。
 池上線では、戸越銀座~旗の台駅間立体交差化工事で直下地下・直上高架切替工法(STRUM)を初適用。「当時(89年)は何とか無事に施工できたという感じだったが、昨年の(渋谷~代官山駅間地下化...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む