技術・商品

JS、高知大学ら/無ばっ気循環式水処理技術実証施設(高知市)が完成 [2015年3月3日4面]

 ◇消費電力70%削減へ
 日本下水道事業団(JS)などが、高知市小倉町の下知水再生センター内で整備を進めていた「無ばっ気循環式水処理技術」の実証施設(冬季は1日当たり4400立方メートルの処理能力)が完成した。1月28日に稼働を開始し、高知市、高知大学、メタウォーターとの4者による実証実験をスタートさせた。各種データの取得・解析を行い、新技術の処理性能や省エネ、コスト削減効果などを確認する。設...続きを読む

前田建設/ヒ素汚染土の浄化技術開発/遠心・磁性2段階で分離、処理費5~8割減 [2015年2月27日3面]

 前田建設は26日、シールド工事で発生する自然由来のヒ素汚染土を浄化する工法を開発したと発表した。粒径の大きい鉄粉を混ぜてヒ素を吸着させ、遠心分離と磁性分離の2段階でヒ素の付いた鉄粉を回収する。鉄粉回収設備の小型化と大量泥水の連続的処理を両立。管理型処分場での処理と比べて汚泥処理費を5~8割削減できるという。パイロット試験を経て現在、実大規模の実証試験を進めている。今後はフッ素や鉛など自然由来の重...続きを読む

大和ハウス工業、フジタ/基礎梁貫通孔補強工法開発/梁せい1200ミリに縮小 [2015年2月26日3面]

 フジタと大和ハウス工業は25日、中低層の分譲マンションや賃貸住宅などのRC造基礎梁を補強する新工法を開発したと発表した。地下にある基礎梁には点検時に人が移動するための孔(貫通孔)が設けられており、強度を保つために鉄筋で補強する必要がある。貫通孔の周りに二等辺三角形型の鉄筋を上下対称に配置し星形とすることで、梁の強度を高める。配筋数を減らすことにもつながる。日本建築総合試験所の建築技術性能証明を取...続きを読む

竹中工務店/鋼板で建物包む耐震工法開発/省スペース・短工期、デザイン性確保 [2015年2月26日3面]

 竹中工務店は25日、新開発した耐震補強工法の「スチール・アイビー耐震工法」を、「ニッケ四ツ橋ビル」(大阪市西区)、「育英高等学校本館」(神戸市長田区)、「コクヨ本社本館ビル」(大阪市東成区)に採用し、完成させたと発表した。同工法は鋼板でツタのように建物を包む。従来の耐震ブレースを内部に設ける方法では部屋の面積が減り、建物外部にブレースを設置する手法では外周部に敷地の余裕が必要だったが、新工法なら...続きを読む

大林組/既存コンクリ地下躯体の劣化評価・抑制手法確立/再利用で工期短縮へ [2015年2月24日3面]

 大林組は23日、ビルを建て替える時に、既存のコンクリート地下躯体を再利用するための劣化評価・抑制手法を確立したと発表した。コンクリート躯体のかぶり厚さとコンクリート表面から中性化した内部までの距離(中性化深さ)を調査し、中性化深さを評価することで、その後の中性化の進行を予測。これを基に躯体の残り寿命を評価し、必要となる中性化深さの低減率を求める。算出した低減率を確保するための補修材の選定や施工、...続きを読む

西松建設/大口径鋼管の長尺打設工法、坑内に初適用/近接水路への影響抑制 [2015年2月24日3面]

 西松建設は23日、山岳トンネルの掘削に使うドリルジャンボで直径139・8ミリの大口径鋼管を長尺打設する工法を、トンネル坑内で初めて適用したと発表した。狭い坑内での打設精度や施工性を確認するとともに、近接する既設水路への影響を最小限に抑制できた。既に坑口部の安定化対策として実績のある工法で、今回の適用で坑内の変形抑制・天端保護対策としての有効性も実証。今後、掘削時の変形抑制が必要なトンネルに積極提...続きを読む

大林組、清水建設ら/RC建物振動台実験実施/阪神大震災相当の地震波に耐える [2015年2月24日3面]

 大林組と清水建設、京都大学、防災科学技術研究所(防災科研)の4者は23日、兵庫県三木市にある防災科研の実大3次元震動破壊実験施設「E―ディフェンス」で実施したRC造6階建ての試験体の耐震実験の結果を公表した。阪神大震災で観測された地震波に相当する地震力を受けても構造体がほぼ継続して使用できる状態にとどまることを確認した。
 この実験は、文部科学省の委託研究「都市の脆弱(ぜいじゃく)性が引き起こ...続きを読む

熊谷組/新型音カメラ開発/前方を効率良く計測、インフラ構造物の劣化診断に応用 [2015年2月24日3面]

 熊谷組は23日、音を視覚化して騒音の発生源を突き止める音源探査装置「音カメラ」を改良し、インフラ構造物の劣化診断に使えるようにした装置を開発したと発表した。主にコンクリート橋の点検に使うことを想定。周囲の音の干渉を最小限にし、前方の対象を効率よく計測できるようにした。床版表面の浮きや内部に空隙(くうげき)があると、健全状態とは異なる周波数の音が発生し、音カメラで撮影した画像上に色の違いなどで判別...続きを読む

熊谷組、IHIら/制御装置なしで建機を遠隔操作/CAN信号伝送、有効性確認 [2015年2月20日3面]

 熊谷組とIHI、IHI建機(横浜市金沢区、志村俊和社長)は19日、建設機械による無人化施工で新たな遠隔操作システムを実用化したと発表した。車両に搭載された機器間のデータ転送に使われるネットワーク(CAN)を用いる。CANの信号をそのまま伝送することで、遠隔操縦用の制御装置を不要にした。操作情報を車両側と操作室側で共有でき、搭乗して作業するのと同じような感覚で操作できるという。長崎県の雲仙普賢岳で...続きを読む

野村不/新宿野村ビルの長周期地震動対策工事に着手/設計・施工は竹中工務店 [2015年2月20日3面]

 野村不動産は、東京都新宿区の「新宿野村ビル」(西新宿1の26の2)の長周期地震動対策工事に着手した。竹中工務店と共同開発した制振装置「デュアルTMD-NT」をビル最上部の52、53階の屋内に設置する。設計・施工を竹中工務店が担当し、16年9月の竣工を目指す。事業費は非公表。
 新たに開発したデュアルTMD-NTは、建物の揺れと逆方向に動くおもりを使って建物の揺れを抑制するTMD(チューンド・マ...続きを読む

淺沼組らCCB工法共同研究会/耐震壁ひび割れ制御で新工法/増し打ち不要に [2015年2月20日3面]

 淺沼組など10社が参画するCCB工法協会共同研究会は、耐震壁のひび割れを目地内に誘導する「鉄筋挿入型コンクリートひび割れ制御工法(CCB工法)」を改良し、目地を入れる際の増し打ちコンクリートを不要にした「CCB-NAC工法」を開発した。目地部分に沿って太径異形棒鋼(ひび割れ誘発材)を配置する構造は従来と同じだが、壁表面に直接目地を入れることで壁厚を薄くできる。従来と同等の強度を保てることを実験で...続きを読む

大成建設、VSL/過密配筋の施工性向上/せん断補強鉄筋両端に矩形プレート [2015年2月19日3面]

 大成建設とブイ・エス・エル・ジャパン(VSL、東京都新宿区、加々美修一社長)は、鉄筋の両端にプレートを設置したせん断補強鉄筋「I―Head―bar(アイ・ヘッドバー)」を開発した。両端の矩(く)形(長方形)プレートの向きを自由に設定でき、縦筋と横筋に同時に掛けて補強することも可能。プレートのサイズが小さく、過密配筋の施工性が向上する。工場製作のため、現場での鉄筋の曲げ加工が不要で省力化も図れる。...続きを読む

前田建設、応用地質ら/汚染土壌安全輸送運行管理システムを共同開発 [2015年2月19日3面]

 前田建設と応用地質、応用地質のグループ会社のケー・シー・エス(東京都文京区、天野洋文社長)は18日、除染により発生した汚染土を安全に輸送する運行管理システム「RATS」を共同開発したと発表した。輸送を確実に行うため、専用ナビゲーションにより進入禁止エリアでは警告音を発するなど運行ルートの独自管理を行うのが特徴。今後、システムを実装した車両で試験輸送を行い、早期に福島県内での汚染土壌輸送に適用して...続きを読む

建設技術研究所/F1日本グランプリで交通情報アプリを提供/渋滞緩和に一役 [2015年2月19日3面]

 三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで昨年行われた自動車レースのF1日本グランプリの開催時に、建設技術研究所が開発したリアルタイムで道路交通情報を提供するスマートフォン用アプリケーションソフト「AcPro(アクプロ)」が使われ、サーキット周辺道路の渋滞抑制に効果を発揮した。鈴鹿市や地元の商工会などが組織する「鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会」が調査結果を公表。レース終了後に携帯端末で交通情報を取得...続きを読む

建設関連各社/トンネル点検・補修需要取り込みへ/通行止め期間短縮や省人化 [2015年2月19日1面]

 国土交通省が地方自治体にトンネルの5年ごとの定期点検を義務付けたのを受け、需要拡大が見込まれる点検・補修工事の受注を狙う動きが関連業界で活発化している。車の通行を止めず、あるいはできるだけ短い通行止め期間で点検や補修工事ができる技術へのニーズが高いとみられ、新たな点検手法や補修工法の開発に知恵を絞る。業界の大きな課題になっている人手不足に対応し、省力化に重点を置いた技術も続々と誕生している。
...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む