工事・計画

千住一丁目地区再開発(東京都足立区)/16年2月に組合設立へ/準備組合 [2015年7月15日4面]

 東京都足立区の千住地区で第1種市街地再開発事業を計画している「千住一丁目地区市街地再開発準備組合」(倉田隆夫理事長)は、本組合の設立認可申請書を年内にも都に提出する。16年2月の設立を目指しており、権利変換計画の認可を受けて同10月にも既存建物の解体工事に着手する。総事業費に116億円を見込み、19年度の事業完了を予定している。
 再開発事業の計画地は、JR常磐線北千住駅西口から約300メート...続きを読む

春日部市中央一丁目地区再開発(埼玉県)/建物規模の拡大検討/準備組合 [2015年7月14日5面]

 埼玉県春日部市の東武鉄道春日部駅西口で再開発事業を計画している「春日部市中央一丁目地区市街地再開発準備組合」が、再開発ビルの規模について、当初案の延べ15万平方メートル程度から21万平方メートル程度へと拡大する方向で地権者間の調整を進めていることが分かった。実現すれば、県内で計画されている再開発事業の中でも最大級の規模となる。核テナントはイトーヨーカドーを予定している。施行予定地は、春日部駅西口...続きを読む

大阪府/吹田藤白台住宅2期民活プロ(吹田市)/東レ建設ら6社グループに [2015年7月14日10面]

 大阪府は、「大阪府営吹田藤白台住宅(第2期)民活プロジェクト」の一般競争入札(WTO対象)でPFI事業者を東レ建設を代表企業とするグループに決めた。構成企業はアール・アイ・エー、中林建設(大阪市浪速区)、大勝建設(大阪市生野区)、第一ビルサービス(広島市中区)、阪急不動産(大阪市北区)。吹田市の藤白台3と同1に広がる同住宅(約3・17ヘクタール)を建て替え・集約で420戸の新住棟を建設するととも...続きを読む

アルベログランデ/東京・竹芝地区開発の環境アセス完了/15年度内の着工めざす [2015年7月14日4面]

 東京・竹芝地区の開発で東急不動産と鹿島が設立した事業会社のアルベログランデは、「(仮称)竹芝地区開発計画」=完成イメージ=の環境影響評価手続きを完了した。総延べ床面積20万平方メートル規模の高層ビル2棟を建設する計画。15年度内に着工し、20年の完成を目指す。環境影響評価書の作成は鹿島が担当した。計画地は、新交通ゆりかもめ竹芝駅前の港区海岸1の20の9ほか。区道を挟んで西側は都の産業貿易センター...続きを読む

大崎西口駅前地区再開発(東京都品川区)/事業協力者に大成建設/準備組合 [2015年7月14日4面]

 東京のJR大崎駅の北西側で再開発事業を計画している「大崎西口駅前地区市街地再開発準備組合」(八木秀一理事長)は、再開発ビルの保留床処分などを支援する事業協力者を大成建設に決めた。今後は大成建設と整備する施設の規模や機能を検討する。今後のスケジュールについて、5月時点では、17年度の都市計画決定を経て、18年度に本組合を設立。20年度の着工、21年度の竣工を想定していた。
 再開発の計画地は品川...続きを読む

東京・渋谷区/新宮下公園等整備事業/高層ホテル整備手法変更へ [2015年7月13日4面]

 東京・渋谷区は、3月の定例区議会で継続審議となっていた「新宮下公園等整備事業」について、地域住民などの意見を踏まえた修正計画案を今月中にまとめる方針だ。事業候補者に決まっている三井不動産の提案の中で示された高層ホテルの建設は、整備手法を変更した上で計画案に残す考えだ。今後、修正計画案を地域住民などに示し、理解を得られれば、9月の定例区議会に三井不との基本協定案などを再提出するとみられる。同事業を...続きを読む

スポーツ振興センター/新国立競技場新営スタンド工区/資材調達を契約 [2015年7月13日4面]

 日本スポーツ振興センター(JSC)は9日、「新国立競技場(仮称)新営工事スタンド工区」について、施工予定者の大成建設と最初の契約を結んだ。契約額は30億5000万円で、10月の着工に向けた資材調達を行う。新国立競技場の建設については、7日に開かれた新国立競技場将来構想有識者会議で、発注を担当するJSCが、資材の調達や人員の確保、配置がスムーズに進むよう、着工準備が整った箇所から順次分割で発注する...続きを読む

山口市/新山口駅北地区重点エリア拠点施設整備/15年度内に事業者選定 [2015年7月13日11面]

 山口市は、「新山口駅北地区重点エリア拠点施設整備実施計画」を策定した。施設規模は、民間提案施設を除く公共施設で延べ1万1000平方メートル程度を想定、事業費は拠点施設本体で約74億円と試算した。事業はPFI的手法を用い、設計・建設・運営を一括で委託する方針。今月にも事業者選定に向けたアドバイザリー業務の委託先を選定する公募型プロポーザルを公示する。事業者の選定にも公募型プロポーザル方式を想定。こ...続きを読む

西武鉄道ら/西武秩父駅構内に複合型温泉施設整備へ/17年春の開業めざす [2015年7月13日5面]

 西武鉄道(埼玉県所沢市、若林久社長)と西武レクリエーション(埼玉県所沢市、布留川信行社長)は、埼玉県秩父市の西武鉄道西武秩父駅構内に物販・飲食店舗も備えた温泉施設「(仮称)西武秩父駅仲見世通り複合型温泉施設」を建設する。同駅近くの土産物店や飲食店が集積する「仲見世通り」の施設を新築と改修で複合施設に再生する計画。17年春の開業を目指す。設計・施工者は未定。既存施設(秩父市野坂町1の16の15、敷...続きを読む

三井不レジら8社/千葉・幕張新都心で大型開発/近く県企業庁と土地分譲契約へ [2015年7月13日5面]

 千葉市の幕張新都心にある大規模未利用地「幕張新都心若葉住宅地区」(美浜区若葉3ほか)の開発に向け、三井不動産レジデンシャルを代表とする「(仮称)幕張新都心若葉住宅地区街づくり検討グループ」が、千葉県企業庁と今月中にも土地の分譲契約を締結することが明らかになった。敷地を八つの街区に分けて整備する方針で、契約締結後に街区ごとの整備計画をまとめる。総事業費は1800億円。約4400戸の住宅を整備し、1...続きを読む

大阪府泉佐野市ら/りんくうタウンにスケート拠点整備/15年内に事業計画策定 [2015年7月10日16面]

 大阪府泉佐野市と大阪府スケート連盟は、関西国際空港の対岸にあるりんくうタウンに国際規格のアイススケートリンクを核とした複合拠点計画を進めており、年内にも事業主体を決め、事業計画を策定する。事業主体は複数の民間企業で組成する予定で、市は今後、進出を検討している企業の意向を確認していく。土地を所有する大阪府は事業用借地権契約を同市と結ぶ。民間の事業主体が施設を建設・運営する民設民営方式を採用。当初、...続きを読む

北海道開発局/新千歳空港滑走路延長検討へ/15年度内に整備基本計画策定 [2015年7月9日7面]

 北海道開発局は、新千歳空港(北海道千歳市)の利用客数増加に伴う発着便の渋滞を改善するため、滑走路の延長や誘導路の増設などに向けた検討に着手する。改善が必要な箇所と新たな土木施設の配置などを盛り込んだ整備基本計画を15年度中に策定する。開発局開発監理部は6日、「新千歳空港整備計画基礎検討調査業務」の簡易公募型プロポーザル手続きを公告した。13日まで電子入札システムで参加申請を受け付ける。土木コンサ...続きを読む

北陸整備局/大町ダムなど3ダム再編計画/大町・高瀬ダムつなぐトンネル新設 [2015年7月9日8面]

 北陸地方整備局は、15年度に実施計画調査に着手した信濃川水系の大町ダム等再編事業(長野県大町市)の概要を明らかにした。同事業は、既設の発電用の高瀬、七倉の2ダムの発電容量の一部と、既設の多目的ダムの大町ダムの水道容量の一部を洪水調節容量に転用して、下流部の信濃川支流の高瀬川と千曲川沿川の都市や田畑を洪水から守る事業。3ダム合計の洪水調節に転用する容量は約1267万立方メートルを想定している。総事...続きを読む

水戸市/新清掃工場整備運営入札公告/DBO方式、8月6~12日参加受付 [2015年7月9日4面]

 水戸市は8日、「新清掃工場整備・運営事業」の一般競争入札を公告した。市が事業資金を調達し、設計・建設・運営を民間が行うDBO方式を採用。予定価格は533億3500万円。民間事業者については年末をめどに選定する予定。16年2月頃に特定目的会社(SPC)を設立し、19年度末までの4年間で新清掃工場の設計・建設を行う。運営期間は20~39年度の20年間。建設地は下入野町南散野内の敷地約8・6ヘクタール...続きを読む

十三高槻線沿道土地区整(大阪府茨木市)/2地区、大型商業施設や集客施設提案 [2015年7月8日10面]

 大阪府茨木市の広域幹線道路・府道大阪高槻京都線(十三高槻線)沿道で土地区画整理事業が計画されている目垣・南目垣・東野々宮地区と平田・玉島・野々宮地区の事業化検討パートナーがとりまとめたまちづくり提案の内容が明らかになった。目垣地区のパートナーであるイトーヨーカ堂・竹中土木JVは大型商業施設と物流施設の整備を提示。玉島地区のパートナー、日本エスコン・清水建設・平和堂JVは温浴・健康・福祉・商業・流...続きを読む