建設キャリアアップシステムへの道

建設キャリアアップシステムへの道・4/19年1月から24現場で限定運用 [2018年12月18日]

 ◇各種パターンに的確対応

 来年4月からスタートする建設キャリアアップシステム(運営主体=建設業振興基金〈振興基金〉)の本運用に先立ち、年明けの1~3月に19事業者を元請とする24現場を対象とした限定運用が行われる。本運用に入った後の現場でのトラブルに対して、運営主体が丁寧、迅速に利用者をサポートできるよう限定運用の成果を検証してフィードバックする。

 限定運用の現場に参...続きを読む

建設キャリアアップシステムへの道・3/カードリーダー情報を随時公開 [2018年11月6日]

 ◇現在4機種のOS・メーカーなど


 建設業振興基金(振興基金、佐々木基理事長)は、建設キャリアアップシステムで技能者の就業履歴を蓄積するのに用いるカードリーダーの情報を随時公開していく。

 情報を公開しているのは、振興基金が運営する専用サイト(http://www.k...続きを読む

建設キャリアアップシステムへの道・2/直接申請は受付窓口で [2018年10月18日]

 ◇建協や全建総連支部に順次開設


 建設キャリアアップシステムで技能者情報や事業者情報を登録するには、インターネットや郵送で申請する以外に、申請者が直接窓口に出向いて行う方法がある。受付窓口は、各都道府県建設業協会の事務所に開設されており、その数は15日現在で全国37カ所に達している。

 第1号の受付窓口は、東京建設業協会(東建、飯塚恒生会長)とシステム運営主体の...続きを読む

建設キャリアアップシステムへの道・1/19年度に本運用スタート [2018年10月4日]

 ◇全体スケジュールを見直し


 建設業振興基金(振興基金、佐々木基理事長)を運営主体とする「建設キャリアアップシステム」の本運用が19年度に始まる。8月10日に開かれた建設キャリアアップシステム運営協議会(会長・野村正史国土交通省土地・建設産業局長)の第4回総会で、現場運用のスケジュールが見直された。当初想定よりもシステムの設計・開発に時間がかかったのが理由という。
...続きを読む
インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む