改正安衛法令施行から1年

改正安衛法令施行から1年・下/安全帯「着用」から「正しく使用」へ/意識改革が重要 [2020年3月13日]

 フルハーネス型の安全帯は肩や胸、腰、ももなどをベルトで保持するため、仮に落下した場合でも身体の負担が小さくて済む。ただ落下距離が長くなるため、地面に到達する恐れのある2~5メートルの低所作業では、胴ベルト型の安全帯の方がより安全な場合がある。



 建設労務安全研究会(労研)は胴ベルト型とフルハーネス型の安全帯の活用指針を2019年1月にまとめた。作業分野別・高さ別の推奨基...続きを読む

改正安衛法令施行から1年・上/フルハーネス導入効果じわり/供給体制に課題も [2020年3月12日]

 高所作業を伴う建設現場などでフルハーネス型墜落制止用器具(安全帯)の着用を原則化する改正労働安全衛生法令が施行されてから1年が経過した。フルハーネスは建設業の死亡災害の原因で最も多い墜落・転落を防ぐ決め手の一つとされ、2022年年頭の移行期限を前にゼネコンや職人の間で導入が広がりつつある。一定の導入効果が見られる一方で、従来の胴ベルト型でも言われているように、使用者の体をつる起点にフックを掛けず...続きを読む