すばるを救え-ハワイ観測所メインシャッター改修

すばるを救え-ハワイ観測所メインシャッター改修・下/過酷な条件、難関も乗り切る [2020年11月10日]

宇宙の謎解く研究支える



 鼻に酸素チューブを付けた男たちが、人一人がようやく入れるスペースに潜り込み、時には体をくの字に曲げながらこつこつハンマーをたたく-。すばる望遠鏡を備えるハワイ観測所のメインシャッター改修工事は、一見地味に見える既存ガイドローラーの取り外し作業が実は一番の難関だった。ガイドローラーはシャッター下部に位置し動きを補助する。長年メンテナンスをしていない...続きを読む

すばるを救え-ハワイ観測所メインシャッター改修・中/ガイドローラーに不具合 [2020年11月5日]

 2018年6月、横河システム建築の技術者である村岡真、相馬孝吉、中井洋平の3人はハワイに飛んだ。ハワイ観測所から事前に送ってもらったメインシャッターの設計図と実物がどの程度一致し、工事が可能かを判断したかった。村岡は全体の統括、相馬は設計、中井は施工を担当した。



 現場を見ると「図面と現物が違うところがかなりあった」(相馬)。修理が必要な箇所もいくつもあったが、予算や期...続きを読む

すばるを救え-ハワイ観測所メインシャッター改修・上/手書きの図面、少ない情報量 [2020年11月4日]

 米ハワイ島のマウナ・ケア山山頂にあり、1999年から天体を観測し続ける日本の国立天文台ハワイ観測所(ハワイ州)は、過酷な立地環境から設備に不具合が目立ち始めた。天体観測の要となる口径8・2メートルの「すばる望遠鏡」があるのは円筒状のメインシャッター内。シャッターが途中で止まる回数が増え、望遠鏡の故障にもつながりかねない事態に陥っていた。重要設備の改修はどのように進められたのか-。道のりを追った。...続きを読む