デジタルで建設をDXする

デジタルで建設をDXする・2/樋口一希/鉄筋BIMモデルを自動加工機へデータ連携 [2021年1月21日]

 スターツCAMは、鉄筋工事分野において従来のように設計図面を使わずにBIMデータから加工データを作成してダイレクトに加工機に連携する技術を実現した。


 □BIM-FM PLATFORMの理念であるBIMデータを中心にした企業間の新しい体制構築□


 スターツCAMは「建物はすべてデータになる」という基本的な考えの下、BI...続きを読む

デジタルで建設をDXする・1/樋口一希/大林組が空調設計支援システムに機能追加 [2021年1月14日]

 大林組は、BIMと連携した空調設計支援システム「BIMZONE-Σ」について、空調、換気、照度計算や、個別空調機器、照明器具の選定などを実施し、その条件下での1次エネルギー消費量とコストを算出する機能を追加した「BIMZONE-Σ-2020」を開発した。


 □BIMと連携した設備設計支援システムの開発でエネルギー計算と概算コスト算定を効率化□...続きを読む