論説・コラム

回転窓/カレーと肉じゃがのルーツ [2015年11月18日1面]

 11月に入ると街には早くもクリスマスツリーがお目見えする。そんなに時の流れを急かさないでほしいと思いつつも、職場の仲間内では、新年早々にある企画を立てようと盛り上がっている▼それは、郷里のおいしい食べ物を持ち寄っての社内グルメ選手権。年末年始に帰省した際、それぞれの郷里で自慢の一品を買い、新年に皆で食べ比べようという企画である。どんなものがそろうか、今から楽しみでならない▼先日の打ち合わせで、神...続きを読む

建設業「命」の現場で・9/第2章・住まいに明かりを/“コーポラティブ”街づくり [2015年11月17日14面]

 仙台市宮城野区の久保野地区で、新たな暮らしが始まっている。19世帯と小ぶりだが、東日本大震災に伴う災害危険区域外で民間主導により集団移転を成功させた地区だ。復興整備計画にも位置付けられた。ここに至るまでの道のりは-。
 久保野地区の住民の大半(17世帯)は震災前、海岸から1キロほどの新浜地区に住んでいたが、大津波で家屋が全壊するなどの被害を受けた。災害危険区域への指定も検討されたが、海側にかさ...続きを読む

回転窓/若者が担うレコードブーム [2015年11月17日1面]

 エジソンが蓄音器を発明したのは1877年。本人が歌う「メリーさんの羊」の録音を子ども向け科学雑誌の付録のレコードで聞いたのはもう半世紀近く前と記憶する▼音楽メディアはレコードやカセットテープからCDに移り、今はネット配信が最先端。そんな中、LPレコードがはやりという。よくある中高年の懐古趣味と思いきや、流行の担い手は若者というから不思議なものである▼復活ブームはこれまでも時々あった。どうせ今回も...続きを読む

回転窓/人づくりのバトン [2015年11月16日1面]

 卒業した大学建築学科の同窓会誌が届いた。工業高校の教師になった同期の女性が近況を報告していた。毎日、生徒と向き合いながら悪戦苦闘する様子がつづられている▼「建築はものをつくるだけでなく、環境問題の解決にも欠かせない」。教壇からそんな思いを訴えても、生徒には子守歌にしか聞こえない。学生時代から変わらぬ大声だけが授業中の睡眠防止に役立っているという▼若い人を育てていく悩みはわが建設業界も同じ。「背中...続きを読む

回転窓/ポスト五輪に知財活用 [2015年11月13日1面]

 国土交通省の統計などを見ると、建設需要は全般的には堅調だ。繰越予算などがあった前年に対する反動で公共工事は減っても、民間工事が補い、全体をけん引する▼震災復興や2020年東京五輪の開催に向け、多少の浮き沈みはあるにせよ、建設需要はしばらく衰えそうにない。問題はポスト五輪。市場の不透明感をぬぐえないのが大方の見方ではないか▼五輪後も公共投資の安定的確保が求められる。そうなれば連動して民間工事も出て...続きを読む

回転窓/カニの値段と新幹線 [2015年11月12日1面]

 知人の結婚式で北陸を訪れた。現地で目に付いたのは、「カニ漁解禁」の大きな文字。こんなタイミングはなかなか無いと、初物をいただいてきた▼勧められたのが、ズワイガニの雌、香箱(こうばこ)ガニ。小ぶりだが、甘みのある身がしっかりと詰まっている。鮮やかな朱色のカニみそも、濃厚で、すこぶる美味。昼時だったが、酒が進んでしまった▼現地のニュースで、仕入れ値が例年より高いと報じていた。要因として考えられるのは...続きを読む

回転窓/急がれる建設業の交通事故防止策 [2015年11月11日1面]

 1980年代から90年代初めにかけて、多くの人が熱中して見た〈トレンディードラマ〉。人気俳優たちによる恋物語が定番だが、久しぶりにその一つを見て目を疑ってしまった▼ワインを飲んで語り合った主人公たちが、そのまま車を運転して移動したと見られるシーンがあったからだ。当時はまだ飲酒運転に対する認識が甘かったのか、今なら放送後に大変な騒ぎとなるのは間違いない▼法規制の強化や安全意識の向上などを背景に、日...続きを読む

回転窓/後輩の指導に必要なのは [2015年11月10日1面]

 会社勤めをしていると後輩の指導に当たる機会がしばしば訪れる。記者であれば、取材の仕方や原稿の書き方が代表例である▼自らの経験や知識を基に分かりやすくと心掛けていても、いつの間にか「指導」が「指示」に変わっている。後輩に考える間を与えず、先に「こうしろ」と押し付けてしまうのがお決まりのパターンだ▼人を指導し育てるのは難しい。これが正解という方法もない。考える間がなければ疑問は解消されず、押し付けれ...続きを読む

建設業「命」の現場で・8/第2章・住まいに明かりを/土との格闘 [2015年11月10日10面]

 東日本大震災の被災地で進む復興まちづくり事業には、「土との闘い」という側面がある。防災集団移転促進事業(防集事業)などで山を切り崩して宅地を造る際は、発生土を搬出しなければ工事が進まない。かさ上げの場合は逆に、土が来なければ何も始まらない。土のやり取りが、工事進ちょくの命運を握る。その実態を、宮城県気仙沼市の防集事業の現場で追った。
 同市では、点在する38地区47団地で防集事業や災害公営住宅...続きを読む

首都圏Look at/サービスアパートメント/都心部で高級物件整備進む [2015年11月9日4面]

 ◇新規参入も増加傾向
 近年、驚くほどのスピードで増え続ける訪日外国人客。13年に初めて1000万人を突破したかと思うと、14年も1341万人へと急増。このまま推移すれば、20年に2000万人を目指す政府の目標はあっさりと達成されそうだ。訪問者が最も集中する東京都内では、観光客を受け入れるためのホテル整備だけでなく、ビジネス目的の訪問者をターゲットにした滞在施設の整備も花盛りだ。
 その代表...続きを読む

回転窓/好奇心を刺激しよう [2015年11月9日1面]

 子どもたちの発想は大人の想像を超えていて、楽しいものだ。幼稚園のお誕生日会で、先生に将来何になりたいのと聞かれた園児が「鮫になりたい」と答えた▼ほかの園児たちが「お父さんのお嫁さん」「消防士」「サッカー選手」などと答える中、屈託もなく、元気いっぱいに「鮫になりたい」というのだから、こちらも思わず笑みを浮かべてしまう▼全産業で若年労働者の取り合いが始まっている。人材不足が本格化する前に、若年者を確...続きを読む

回転窓/公助を補う共助を支える [2015年11月6日1面]

 東京都内で行われたマンション耐震セミナーを訪れると、管理組合の幹部で席が埋まっていた。東日本大震災以降、建築物の防災に対する関心はやはり高まっているのだろう▼東京都の集計によると、都内の特定緊急輸送路沿いの建物の耐震化率は8割を超えたが、セミナーでは多くのマンションで耐震化が進んでいない現状が報告された。インフラの老朽化が急速に進む現状を考えても、都市防災は脆弱と言わざるを得ない▼政府の中央防災...続きを読む

建築へ/士会連合会、BIM認識度調査結果/「知っている」7割も「未導入」9割超 [2015年11月6日10面]

 パソコン内で建物の3次元モデルを作り出すBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)。3次元化は建物の内部に至るまで可能で、計画や構造の検討、配管などの干渉チェックを容易に行うことができ、依頼者(発注者)にも立体的な画像を使って設計内容を分かりやすく伝えられる。海外では約8割の技術者が活用しているといわれるが、日本は大手ゼネコンで導入が先行する。日本の建築設計事務所での認知度、普及状況...続きを読む

プロジェクト・アイ/リニア新幹線・南アルプストンネル初弾/山梨工区、12月着工へ [2015年11月5日12面]

 ◇施工は大成建設JV/土かぶり1000m超、高度技術不可欠  JR東海が進めるリニア中央新幹線の建設プロジェクト。本線整備では最大の難所とみられる南アルプストンネル(延長約25キロ)の建設工事が始まる。同トンネルの初弾工事の山梨工区(施工延長約7・7キロ)が12月に着工する予定だ。標高3000メートル級の山岳地帯を貫くトンネル工事は、土かぶりが1000メートルを超える部分もあり、高度な施工・管理...続きを読む

回転窓/日本一人口の少ない町に… [2015年11月5日1面]

 南アルプスの山々に囲まれた山梨県早川町を先日、取材で訪れた。ローカル線と路線バスを乗り継ぎ、道中、紅葉に彩られた秋の甲斐路の風景を楽しんだ▼〈日本一人口の少ない町〉。バスの車内にあった広告のキャッチフレーズに目が留まった。車窓を流れる景色には、急峻な山あいにひっそりとたたずむ民家と、町の中央を流れる早川に架かる橋以外、人工物はほとんど見当たらない。典型的な過疎地の風景がそこにはあった▼人口減少・...続きを読む