論説・コラム

豪建コン業界/女性の活躍推進に注力、管理職比率拡大へ/賃金格差解消めざす [2015年8月19日10面]

 世界経済フォーラムが発表した各国の男女格差を示す「ジェンダーギャップ指数2014」で142カ国中24位のオーストラリア。104位の日本に比べると女性の社会進出は進んでいると言えるが、建設コンサルタント業界の取り組みは道半ばのようだ。7月に日本コンサルティング・エンジニア協会(AJCE、内村好会長)が主催したセミナーで講演するため来日したオーストラリア協会(Consult Australia=CA...続きを読む

回転窓/地域行事と騒音問題 [2015年8月18日1面]

 お盆休みが終わり、きのうから仕事に復帰したという方も多いだろう。行楽や帰省、あるいは普段おろそかにしがちな家族サービスなどと、休みの過ごし方はさまざま。中には地域や帰省先で夏祭りや盆踊りを楽しんだ方もおられよう▼住まいの近くの公園でも、この時期はお祭りや盆踊りがある。野球などの球技は禁止、大声を出してはいけない、夜の立ち入りは不可など規制が多いのが近ごろの公園。お祭りの日ばかりは禁止事項も多少緩...続きを読む

きんでん/技能五輪国際大会で島瀬竜次選手が金メダル/情報ネット職種で2連覇 [2015年8月18日3面]

 11日から16日までブラジル・サンパウロで開かれた第43回技能五輪国際大会で、情報ネットワーク施工職種の日本代表として出場したきんでんの島瀬竜次選手が金メダルを獲得した。きんでんでは、情報ネットワーク職種で2大会連続・2個目の金メダル獲得となる。さらに、島瀬選手は日本代表選手の中の最高得点者に贈られる「ベスト・オブ・ネイション(国別最高得点賞)」も受賞した。情報ネットワーク施工職種には、19の国...続きを読む

弘前城、天守引っ越し始まる/明治以来の石垣大修復で/地域挙げてのイベントに [2015年8月18日1面]

国の重要文化財に指定されている青森県弘前市の弘前城で、石垣修復のために天守を移動させる曳家工事が始まった。16日に葛西憲之市長らが出席し、天守を地面から切り離す「地切り式」が行われた。重量400トンの天守は、途中で2度方向転換しながら、2カ月余りをかけて80メートル離れた仮設の天守台へ引っ越す。16年4月には移設先で内部を公開。元の位置に戻す再曳家は、2021年度の実施を予定している。弘前城の石垣...続きを読む

回転窓/70年前の133日 [2015年8月17日1面]

 小説家の志賀直哉が、1946年3月発行の雑誌『展望』に、ある政治家のことをつづっている。互いに面識はないが、戦後すぐに書かれた随筆らしい▼〈…かういふ非常な時期には政治の技術など、たいして物の役には立たないのではないか。それ以上のもので乗切るより道がないやうな状態に日本はなってゐたと思ふ。鈴木さんにはさう云うものがあり、鈴木さん自身、それを自覚してゐて、総理大臣を引受けたのではないだらうか〉▼鈴...続きを読む

回転窓/公衆トイレと落書き [2015年8月11日1面]

 決して褒められた行為ではないだろう。が、それを承知であえて言えば、公衆トイレに落書きは付き物である。最近は掃除も設備も行き届いた清潔なトイレが当たり前になったが、一昔前までは、落書きなどはごく普通に見られる風景だったように思う▼先週、東京のJR御徒町駅構内の男子トイレに安倍晋三首相を批判する内容の落書きが見つかり、警察が器物損壊容疑で捜査を始めたとのニュースがあった。報道によれば、個室の壁に油性...続きを読む

回転窓/沖縄の戦禍と交通事情 [2015年8月10日1面]

 沖縄唯一の鉄道である都市モノレールが開業したのは、12年前のきょう10日。本土とは異なる食文化や風土を体験できる沖縄は、国内でも人気の観光スポットだが、モノレールが走るのは那覇空港~首里間のみ。ほかは鉄道が未整備なため、観光客は主にタクシーかレンタカー、バスで移動することに▼困るのは渋滞だ。沖縄の混雑時の車の時速は約13キロと3大都市圏より遅い。このため現在、那覇市~名護市間を1時間で結ぶ高速鉄...続きを読む

回転窓/インフラ用ロボの難しさ [2015年8月7日1面]

 これまで技術者の経験やノウハウに委ねる部分が大きかったインフラの点検診断。これをロボットに置き換えることの難しさは、国土交通省が14年度に現場で行ったロボット技術の検証で明らかになった▼与えられた条件を満たせず、開発者が想定したようにはロボットが動作しないといった場面が数多く見受けられた。室内で条件が均一な工場向けのロボットと異なり、屋外で周辺の自然環境も一つ一つ異なるインフラを相手にするのだか...続きを読む

回転窓/逆手にとったPR [2015年8月6日1面]

 青森・弘前のねぷた祭を見てきた。「ヤーヤドー」という威勢の良い掛け声とともに、「ねぷた」と呼ぶ山車が夜の街を練り歩く。みちのくの短い夏を彩る風物詩▼三国志などをモチーフにした武者絵が基本だが、小型ねぷたでは、その年の話題が題材になることも。目に付いたのは弘前城のマスコットキャラクター・たか丸くん。普段はかぶと姿だが、ねぷたでは工事用ヘルメットをかぶっていた▼弘前城の石垣が外側にはらんできたことか...続きを読む

回転窓/新国立も生みの苦しみか [2015年8月5日1面]

 米国を代表する土木構造物の一つであるニューヨークのブルックリン橋。マンハッタン島とブルックリン区をつなぐこの橋は、今から132年前の完成当時、世界最長のつり橋だった▼渡りながらマンハッタンの摩天楼を一望できる観光名所として世界中の人々を引き付け、数えきれないほど映画の舞台にもなった。土木の世界では、建設時に困難を極めた橋としても知られる▼完成までに要した歳月は14年。建設コンサルタンツ協会発行の...続きを読む

回転窓/1カ月たって「ゆう活」は… [2015年8月4日1面]

 小欄でも既に何度か取り上げている東京・霞が関の官庁で導入された「ゆう活」。通常よりも朝早くに仕事を始め、その分、夕方は早めに仕事を切り上げて家庭での時間や余暇を楽しもうという取り組みである▼鳴り物入りで始まったこの活動。初日には、安倍晋三首相が率先して仕事を早く切り上げ、都内の美術館を訪問。同行した記者にご機嫌な表情を見せるなど、自らPR役を務めていた。さて、1カ月たってどうなったのだろうと気に...続きを読む

担い手確保・育成-専門工事業4団体が取り組み事例発表会/国交省主催、横の連携に期待 [2015年8月4日14面]

 建設産業が将来にわたって持続していくために、今取り組まなければならないのが担い手の確保・育成だ。各専門工事業団体による活動の好事例を広く普及させようと、国土交通省が主催した取り組み発表会が7月15日に開かれた。発表したのは、全国基礎工業協同組合連合会(全基連)、全国鉄筋工事業協会(全鉄筋)、日本塗装工業会(日塗装)、全国建設室内工事業協会(全室協)の4団体。国交省は、発表事例を参考にしながら、各...続きを読む

回転窓/パルテノン神殿でストック効果 [2015年8月3日1面]

 「地下のパルテノン神殿」。埼玉県春日部市にある首都圏外郭放水路はよくこんなふうに表現される▼この放水路は、台風などの洪水時に中川流域の洪水の一部を地下トンネルを通じて江戸川に排水し、首都圏を水害から守る目的で06年度に完成した。ポンプ施設や導水路などは桁外れの大きさで、世界最大級の地下河川と言われる▼中でも圧巻なのが水の勢いを調整する調圧水槽。長さ117メートル、幅78メートル、高さ18メートル...続きを読む

設計者選定-プロポーザル方式の導入拡大/市町村に支援必要/国交省ら実態調査 [2015年7月31日12面]

 公共建築物の設計者選定にプロポーザル方式を導入する地方自治体が増えている。国土交通省と自治体が共同で3年ごとに行っている実態調査によると、都道府県と政令市で13年度にプロポーザル方式を1件以上実施した団体の割合は、前回調査を上回り6割近くに達した。プロポーザル方式は、質の高い建築設計が期待できるとして、国交省もその導入を推奨している。市町村でも実施割合は増えているが、まだ2割未満と低調だ。実態調...続きを読む

回転窓/外で遊ばぬ子どもの言い分 [2015年7月31日1面]

 今週に入り、通勤電車の車内から学生が減り、夏休み到来を実感した方も多いのではないか。静かな車内を見ながら、出勤前に隣家の子どもが母親に勉強を促される声を聞いたことを思い出し、夏休みの宿題だったかと得心した。塾やサッカークラブに通っているから宿題は負担だろう▼最近は、昔に比べると屋外で遊ぶ子どもの姿がずいぶん少なくなったように思う。国の調査によると、塾通いや習い事の多さ、パソコンや携帯端末によるゲ...続きを読む