工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

横浜岡田屋ら/新港ふ頭(横浜市)で客船ターミナル整備着手/19年供用開始めざす  [2018年6月5日4面]

客船ターミナルの完成イメージ

鍬入れする関係者

 横浜岡田屋(横浜市西区、岡田伸浩社長)らは4日、横浜市中区のみなとみらい21(MM21)地区新港ふ頭で客船ターミナルの整備事業に着手したと発表した。現地で開いた起工式では関係者が鍬入れなどを行い、工事の無事安全を祈願した。延べ約3万平方メートル規模の施設を建設する。設計は梓設計、施工は五洋建設が担当している。19年の供用開始を目指す。
 事業名称は「YOKOHAMA HAMMERHEAD PROJECT」。横浜岡田屋らが設立した新港ふ頭客船ターミナルが横浜市と定期借地権契約を結び、事業を推進する。
 建設地は新港2の14の1(MM216-1街区)。敷地面積は1万7400平方メートルで、みなとみらい線馬車道駅から徒歩10分圏内に位置する。近隣には商業施設や観光施設が集積している。
 計画によると、客船ターミナルの建物規模は5階建て延べ3万0290平方メートル。1階のCIQ(税関・出入国審査・検疫)施設を中核に、1~2階は「食」をテーマとした体験・体感型の商業施設、1~5階に200室の高質なホテルなどを設ける。CIQ施設は横浜市が新港ふ頭客船ターミナルからフロアを借り運営する。
 新港ふ頭客船ターミナルは横浜岡田屋のほか▽小此木▽藤木企業▽川本工業▽京浜港ワッチマン業協同組合▽T・Yホールディングス▽横浜グランドインターコンチネンタルホテル▽野村不動産-の7者で構成する。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む