行政・団体

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

国交省/回収骨材使用の生コン解禁/指定建築材料の建基法告示改正、大臣認定不要に  [2018年6月15日2面]

 国土交通省は、建築物の主要構造部や基礎などに使える「指定建築材料」として、戻りコンクリートから回収した骨材を材料に加える生コンの使用を解禁した。リサイクルなど環境負荷を減らす観点から回収骨材を使った生コンの活用を促し、骨材の廃棄量をできるだけ抑える狙いがある。14日付で指定建築材料を定める建築基準法の告示を改正した。
 建築物の主要構造部などに使える生コンは、指定建築材料として扱っているJISの「A5308(レディーミクストコンクリート)2014」に適合するか、建基法に基づく大臣認定を受けるかいずれかの要件を満たす必要がある。大臣認定の生コンは回収骨材の使用を認めている。指定建築材料の生コンはすべて新品骨材を使う必要があった。
 告示の改正では指定建築材料の生コンについて、使用する骨材の取り扱いを見直した。使用する骨材全体の量や管理方法などに応じ、新たに回収骨材を5%または最大20%まで使うことを認める。これに伴い、大臣認定を受けなくても実際の建築物に使えるようになった。
 国交省は、実際の建築物でほとんど実績がなかった回収骨材の品質に懸念があったため、指定建築材料として扱っている生コンへの使用を認めていなかった。ただ企業・団体や大学などに提案してもらう建築関係基準の作成を財政支援する17年度「建築基準整備促進事業」を通じ、回収骨材が使われた生コンの品質を確認。骨材廃棄による環境負荷を減らすという観点からも、指定建築材料も大臣認定品と同様に、回収骨材を材料の一部に使用する生コンを認めることにした。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む