工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

オリエンタルランド/TDS大規模拡張計画/設計は日建設計に、23年3月末完成へ  [2018年7月6日1面]

大規模拡張の完成予想図(c)Disney

 オリエンタルランドは、千葉県浦安市の東京ディズニーシー(TDS)で計画する大規模拡張プロジェクトの設計者を日建設計に決めた。施工者は未定。隣接する平面駐車場の敷地を転用し、アトラクションやホテルなどを建設する。9日から準備工事に着手。許可が下り次第、地盤改良などのインフラ工事に着手する。本体工事の開始時期は未定。2023年3月末の完成を目指す。
 建設場所はリゾートパーキング第2(舞浜1の2ほか、敷地面積13万7907平方メートル)。建物は全23棟で構成し、総延べ床面積10万3240平方メートルを想定。建築面積は4万9750平方メートル。最も高い建物は9階建てで、最高高さは38メートルを見込む。
 「アナと雪の女王」「塔の上のラプンツェル」「ピーター・パン」がテーマのエリアを設け、四つのアトラクションを整備する。ホテルの客室は475室を見込む。付帯施設としてレストランなども設ける。投資額は約2500億円を想定。既存施設への追加投資では過去最大の規模となる。
 同社は現在、隣接する東京ディズニーランド(TDL)でも大規模開発工事を進めている。20年開業を目指している。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む