行政・団体

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

東京都/西日本豪雨受け危機管理対策会議開く/被災地支援の態勢準備  [2018年7月10日4面]

 西日本を中心に続いた記録的豪雨の被害を受け、東京都は9日、被災地支援などの対応を協議する危機管理対策会議を都庁で開いた=写真。被災者の捜索・救助活動に加え、今後予想されるライフライン復旧のための支援要請も見据えた態勢準備に入った。
 都は既に広島県内に警視庁、岡山県内に東京消防庁の応援部隊を派遣し、人命救助などに当たっている。田邉揮司良危機管理監は「まだ被害の全容は明らかでない。被災地の状況からすれば、今後さまざまなニーズに基づく職員の派遣、物的支援、ライフラインの早期復旧に向けた技術的支援などの要請が想定される」と述べ、支援の本格化に備えるよう各局に呼び掛けた。
 梅雨明けした被災地では今後暑さが増し、衛生環境の悪化なども懸念される。田邉危機管理監は「引き続き情報収集に努め、応援要請に対する適切な支援をお願いする」と繰り返し強調した。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む