論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/ニュースを行動のきっかけに  [2018年7月11日1面]

 西日本の広い範囲に甚大な被害をもたらした豪雨災害を受け、官民が復旧対応を続けている。国土交通省は一部の高速道路の通行を無料化したり、公営住宅の空き家を応急仮設住宅に転用できるようにしたりする特例措置を講じた▼大規模災害を契機として現行法の矛盾や改善点が浮かぶことがある。阪神・淡路大震災では欠陥建築による住宅被害の損害賠償や火災保険の支払いを巡り多くの訴訟が提起された▼国内の法制度や慣習が世界的に見ると実は少数派であるケースも少なくない。新卒学生を重用する企業の採用活動や国民を家族単位で登録する戸籍制度などは諸外国から疑問視されることが多いようだ▼普段、当たり前のように受け入れている社会的な枠組みや規定の必然性を問い直してみることには意義がある。インターネットにつなげば即座に世界中のニュースや価値観に触れられる時代だ。それらを単に受け流すのではなく、出来事の背景に思いをはせ、改善案を考えたり、行動に移したりすることで生き方に幅ができる▼1本の記事が読んだ人の行動を変えるきっかけになり得ることを忘れないようにしたい。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む