行政・団体

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

土木学会/防災減災カードゲームを発売/遊びながら土木の役割学ぶ  [2018年7月26日1面]

 土木学会は、子どもたちに楽しみながら土木の役割を学んでもらおうと作成した防災減災カードゲーム「ポケドボ」=写真=の販売を始めた。価格は1200円(税別)。カードゲームは若手技術者でつくる若手パワーアップ小委員会が製作した。
 遊び方はプレーヤーに「こうそうビル」や「きょうりょう」などカードを5枚ずつ配り「まち」をつくる。場に積んだ札から「じしん」や「つなみ」などインフラに被害を与える災害カードと、「事前対策」や「応急復旧」といったインフラを守るカードを交互に取る。防御と復旧を繰り返しながら山札がなくなった時点で、より多くのインフラカードを健全なまま残したプレーヤーが勝者となる。
 同学会の塚田幸広専務理事は「学校や自治体の防災教育、家庭で防災・減災の大切さを話し合うきっかけづくりに活用してほしい」と話している。同学会のホームページ(http://committees.jsce.or.jp/cprcenter/node/111)から注文できる。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。