技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

三井住友建設/プレストレスト木質構造を開発/耐震性に優れ、大スパン可能に  [2018年8月8日3面]

地震時の梁・柱接合部の挙動イメージ

 三井住友建設は7日、優れた耐震性と大スパンを実現する新たな工法「プレストレスト木質構造」を開発したと発表した。同社が橋梁分野で培ってきたプレストレス技術を木質部材に応用して開発した。木質部材の柱と梁の接合にプレストレスを活用。単一の木質部材としては大きい8メートルのスパンが可能となり、開放的な大空間や大きな開口などの間取りの自由度が向上する。
 木質部材の梁と柱を直接接合すると、圧縮力で梁部材が柱部材にめり込んだり耐力が低下したりしてしまう。同構造ではめり込みなどを防ぐため、接合部をRC造とした。梁にはPC鋼材を組み込んでおり、PC鋼材がRC造の接合部にも貫通して緊張することで梁と柱を圧着する。
 PC鋼材を使うことで耐震性も向上する。大地震で梁が変形してもPC鋼材が元の位置に戻ろうとする力を発揮。地震時の復元機能と接合部材の耐力の両方を得られる。構造実験で地震後の変形がほとんどなく、長期的に緊張力を維持できることなどを確認した。
 同社では最適な素材と構法の選定で良好な建築空間を創出する「TEKIZAI」に取り組んでいる。同構造の開発は取り組みの一環。開放的な大空間が求められる大規模商業施設、中低層の事務所ビル、公共施設などへの提案を想定している。
 地球環境への配慮から木材資源の活用が注目されている。木質構造の適用範囲を拡大する動きが公共、民間の両方で出ている。今後は同構造の設計・施工法を整備し、工法の早期実現に向けた技術開発を進める。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む