企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

コマツら3社/18年7月豪雨被災自治体を支援/ドローン測量を無償実施  [2018年8月8日3面]

エッジボックスで生成した3次元測量データの画面例

 コマツとランドログ(東京都港区、井川甲作社長)、オプティムの3社は、2018年7月豪雨の被災地復興を支援するため、復旧工事の準備工程となるドローン(小型無人機)測量を無償で行う。ドローン事業を展開中の3社で連携し、独自技術を使った測量サービスを無償提供し、早期復旧を後押しする。被災した自治体を対象に9月3日まで申し込みを受け付け、作業に着手する。
 コマツは5月、建設現場の課題解決を図るソリューション事業「スマートコンストラクション」に、ドローン技術などを取り入れた新サービス「エブリデイドローン」を追加した。自動運航する専用ドローンと、現場でデータを高速処理する全球測位衛星システム(GNSS)ベースステーション「エッジボックス」を活用。1日がかりだった3次元現況測量データの処理を30分程度で終えられるようにした。
 このサービスを岡山や広島など豪雨災害の被災地で提供する。ドローン操縦士をシェアするオプティムのサービス「ドローンコネクト」の登録操縦士を被災地に派遣。ランドログが展開中のデータプラットフォームを活用し、ドローンの測量サービスを無償提供する。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む