技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

三井住友建設/水上太陽光発電用浮体システム開発/大型モジュールにも対応  [2018年8月9日3面]

ブリッジ部分を改良し72セルタイプも対応可能に

 三井住友建設は8日、大型モジュールに対応した「水上太陽光発電用フロートシステム」を開発したと発表した。架台同士をつなぐ連結板(ブリッジ)を改良。モジュールの大型化が進む東南アジアを中心に採用を提案する考えだ。
 太陽光発電用フロートシステム「プカット」は、浮体式の太陽光パネルを設置する架台として開発した。内部に発泡剤を充てんし、水没を回避する構造を採用。部品点数を極限まで減らし、低コストを実現している。中央部に開口部を設けて冷却効果を高め、国内の複数拠点から高品質な製品を安定的に提供できるメリットもある。
 今回は、パネルの最小構成単位(セル)が、標準タイプの60よりも大型の72セルモジュールに対応できる。架台同士を連結するブリッジを新たに開発。外形サイズが幅1800~1980ミリ、奥行き980~1000ミリ、高さ35~50ミリのパネルに対応する。多くのメーカーが発売する太陽光パネルの設置が可能という。
 60セルモジュールと同様、施工性に優れている。サイズの大型化に伴うパネル枚数の削減など工期短縮と工事コストの削減を実現している。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む