行政・団体

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

国交省/工種区分に「橋梁補修工事」新設/21・22年度競争参加資格申請から  [2018年8月9日1面]

 国土交通省は直轄工事の工種区分に「橋梁補修工事」(仮称)を新設する。21・22年度の競争参加資格審査の申請時から新工種の追加を想定。工種新設の準備のため当面の間、橋梁補修工事は工種区分の「維持修繕工事」で発注する。工事の難易度に応じた同種・類似実績や適切な地域要件の設定にも配慮する。工種を設け維持修繕分野で適切な市場を形成する。
 4月に公表した有識者会議の提言「今後の発注者のあり方に関する中間とりまとめ」には、大規模維持更新時代を見据え、大型構造物の修繕工事に関する工種の新設、地域企業の市場を確保する必要がある工種の等級設置など、必要な措置を順次導入できるよう早急に検討するべきだとしている。
 国交省直轄工事の競争参加資格登録は一般土木工事やアスファルト舗装工事、鋼橋上部工事など21の工種に分類されている。提言を受け同省は、直轄工事の橋梁(鋼橋、プレストレストコンクリート〈PC〉)の補修工事に対応できる工種として「橋梁補修工事」(仮称)の新設を検討する。
 近年、老朽化対策などの維持修繕関係の工事が増加。橋梁補修工事の発注件数も増えているが、工事内容に応じて「維持修繕工事」「一般土木工事」「鋼橋上部工事」「PC工事」のいずれかの工種で発注されている。このため発注される工事工種が異なると、過去の工事成績が反映されないといった課題も指摘されている。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む