技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

清水建設/病院物流動線計画支援システムを開発/簡単操作で物流動線の合理性評価  [2018年8月9日3面]

シミュレーション結果を示した3D平面図

 清水建設は8日、病院内の物流動線を見える化する病院物流動線計画支援システム「サプライくん」を開発・実用化したと発表した。病院の設計段階で活用すれば医薬品やリネンなどの物流動線が合理的かどうか判断できる。システムを活用した設計提案を展開するととともに、物流動線を評価・計画するコンサルティングも開始する。年間20件程度のコンサルティング受注を目指し、設計・施工案件の受注につなげたい考えだ。
 サプライくんは簡単な操作によって、短時間で物流動線の合理性を評価・見える化できる。部屋の配置や廊下の距離など、物流動線に関係する条件を変更しながらシミュレーションを繰り返すことで、より合理的な動線計画が提案できる。同社によると、病院が対象の物流動線評価システムを開発したのは初めてという。新築だけでなく改修にも適用できる。
 システムは医療材料や薬剤、リネンなどの物品カテゴリー別に品目、関連諸室、搬送の時間帯や頻度などをデータベース化し、標準的な院内物流方式をモデルとして初期設定している。条件設定などの複雑な入力作業を無くした。
 使い方は、はじめに病床数や各階平面図などの基本情報を入力。次に物流に関係する諸室や通路、エレベーターなどをシステムに認識させるアイコンを図面上に配置すれば、入力作業が完了する。シミュレーション結果は平面図に物品別の最短搬送経路の表示するほか、物品別の搬送距離のグラフ表示、搬送状況の3次元(3D)アニメーション表示という3通りの形式で示される。
 基本情報の入力から結果表示までの時間は2~3時間程度。従来は動線計画を手作業で作成しており、動線計画のプレゼンテーションまで含めると1週間程度が必要だった。
 病院内の物品は多岐にわたり、物品管理者や薬剤師、看護師など多くのスタッフが異なる時間帯にさまざまな手段で搬送している。複雑さに起因して無駄が生じているケースも多い。病院の大規模化によって手間や時間が掛かるようになっており、院内物流の合理化は病院経営の重要な課題だった。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む