行政・団体

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

関東整備局/キッザニアと連携、10月28日に職業体験イベント/洪水から街を守る  [2018年8月31日1面]

 関東地方整備局は、「洪水から街を守る仕事体験in荒川」と題した職業体験プログラム=写真はポスター=を、10月28日に同局荒川下流河川事務所(東京都北区)で実施する。子ども向け職業・社会体験施設「キッザニア」を運営するKCJ GROUP(東京都中央区、住谷栄之資社長兼最高経営責任者〈CEO〉)と連携。大型台風が接近した場合の同局の新人職員という立場を想定して、仕事を体験してもらう。国土交通省とキッザニアの連携企画は全国で初めて。
 小学3年生~中学3年生が対象で、同日に3回開催する。各回とも定員は30人、先着順に受け付ける。参加は無料。
 災害時の行動計画である「マイ・タイムライン」の作り方も学んでもらう。国交省が行っている洪水対応などを知ってもらうとともに、身を守るために洪水リスクを考えてもらうことが狙いだ。
 詳細は、日本生態系協会ホームページ(http://www.ecosys.or.jp/kizania/)へ。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む