工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

共立メンテナンス/行川アイランド跡地(千葉県勝浦市)にホテル建設/20年春着工  [2018年8月31日5面]

 共立メンテナンスは、千葉県勝浦市にあり廃園したレジャー施設「行川アイランド」跡地に、ホテルなどの建設を計画している。ホテルの宿泊棟は「ルシアン」と「ラビスタ」の2棟構成で、総延べ約1・5万平方メートルを想定。設計はカミムラ建築研究室が担当する。施工者は未定。20年春の着工、24年度の完成を目指す。
 事業名称は「(仮称)勝浦シーサイドパークリゾート」。跡地の所在地は浜行川606ほか。敷地面積は28万7753平方メートル。ホテルの規模は「ルシアン」がRC造地下1階地上7階建て延べ4407平方メートルを想定し、宿泊室数は72室を見込む。「ラビスタ」はRC造地下1階地上8階建て延べ1万0637平方メートル、156室を想定する。案内所やメンテナンス施設なども整備する。
 同社は、県への公園事業認可に向けた手続きを進めている。29日に開かれた県環境審議会の自然環境部会で事業の位置や規模を審査。手続きが順調に進めば、3カ月程度で県が事業決定する見通しだ。その後、同社が実施設計と県への事業執行の手続きを並行して実施し、認可を受けてから工事に着手する。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。