工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

東京都/旧衆院高輪議員宿舎跡地(港区)活用検討/協力企業に商社・デベ8社選定  [2018年9月10日4面]

 東京都は7日、JR・京急品川駅近くの都有地「旧衆議院高輪議員宿舎跡地」(港区高輪3、面積1万3690平方メートル)について、活用方法の検討で助言などを求める協力企業を公表した。新日鉄興和不動産、住友商事、住友不動産、東急不動産、東京建物、野村不動産、三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンスの8社を選定。各商社・デベロッパーのノウハウを生かし、跡地活用の計画を具体化する。
 国から取得済みの跡地は、グランドプリンスホテル高輪西側に位置する。都が品川駅付近で計画している都道環状4号の未整備区間の建設に伴い移転する土地・建物所有者の生活再建で活用する。
 移転先となる施設を開発する共同化事業の実施を想定している。高輪3丁目周辺の特徴を生かし、ライフスタイルの多様化も踏まえた都市空間・居住環境の充実を図る。
 協力企業8社からは事業・建築・資金計画、権利者の合意形成などについて助言や提案をもらう。応募条件としていた▽都内の市街地再開発事業で2008年以降に参加組合員となり、保留床を取得▽定期借地権付きマンションを分譲▽敷地面積7000平方メートル以上の共同住宅を開発-のすべての実績を持つ企業を選んでいる。協力期間は19年3月31日まで。
 都は本年度、準備組織設立に向けた権利者支援も検討する。設立趣意書、規約、事業計画などの作成で必要な支援を講じる。共同化事業の事務局活動などを支援する事業協力者の選定に向けた検討も進める。
 環4の未整備区間は港区白金台3~港南1、3までの延長2・1キロ。路線西端(白金台側)の都道312号(目黒通り)から国道1号(桜田通り)、同15号(第1京浜)を経由し、品川駅北側の線路上を横断する。東端は都道316号(旧海岸通り)。工事期間は19~32年度を想定する。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む