技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

日本基礎技術ら/薬液注入の可視化システム実用化/リアルタイムで3D画像を表示  [2018年9月13日3面]

Ground・4D改良図

 日本基礎技術(大阪市北区、中原巖社長)ら3社は、薬液注入工事で地盤の改良状況や構造物の変位などがリアルタイムに可視化できるシステムを開発し、鉄道工事の現場に適用した。同社によると、地盤改良の施工品質を最終的に3次元(3D)画像で確認する技術は確立されていたが、施工状況を時間軸で把握できるのは国内初という。構造物が近接し、地盤改良の影響を最小限に抑える必要がある工事などでの採用を目指す。
 「Ground・4D」は伊藤忠テクノソリューションズ(東京都千代田区、菊地哲社長)、カマルク特定技術研究所(鹿児島県鹿屋市、岩倉路和社長)と共同開発した。注入圧力や薬液の注入量といった注入データのほか、近接する構造物に設置した変位計からのデータもクラウドサーバーに取り込み処理する。リアルタイムで3D画像にプロットすることで、刻々と変化する状況をパソコンやタブレットで確認できる。
 クラウドにデータを保存しているため、IDとパスワードを配布すれば発注者や建設コンサルタント、元請会社だけでなく、工事現場に近接する構造物の所有者も施工状況を把握できる。蓄積したデータを時間経過に合わせてアニメーション表示すれば、薬液注入と変位の相関関係も分かる。施工の安全性や信頼性の向上などが期待できる。
 蓄積したデータは施工完了時、3DCADに移行して納品できる。人工知能(AI)を活用し注入方法などをシミュレーションすることで、施工品質の向上や施工の効率化などにつなげられる。
 当面は、日本基礎技術が構造物との近接施工用に開発した多点注入工法(変位抑制型)や、岩盤クラウチング技術を採用する工事に適用する。将来的には、機械攪拌(かくはん)や高圧噴射など、地盤改良技術全般への適用を目指す。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む