行政・団体

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

東京都/豊洲新市場(江東区)開場記念式開く/国内市場の新たな中核に  [2018年9月14日1面]

小池知事(左から2人目)らがテープカット

 東京都は13日、築地中央卸売市場(中央区築地)の移転先として整備していた豊洲新市場(江東区豊洲)の開場記念式を現地で開いた。都や江東区、市場の関係者らが集まり、10月11日の営業開始に向けた施設管理の徹底などを確認した。 =4面に関連記事
 小池百合子知事は「国内の中核市場となるよう運営していく」と意気込みを述べた。伊藤裕康築地市場協会会長兼東京都水産物卸売業者協会会長は「昭和30年代に問題が指摘され始めてから、半世紀の歳月が過ぎた」などと、新市場完成までの道のりを感慨深げに語った。
 豊洲市場は水産仲卸売場棟や水産卸売場棟、青果棟、管理施設棟などで構成する。総延べ床面積は51万7000m2。食品の特性に応じた温度管理ができる閉鎖型の施設構造を採用している。1935年に開場した築地市場は豊洲移転後に解体され、約83年の歴史に幕を閉じる。都は解体跡地に駐車場を整備し、2020年東京五輪・パラリンピックの際、選手らが移動に使う車両の輸送拠点とする。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む