行政・団体

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

防衛省/19年度予算概算要求/自衛隊施設老朽更新に420億円  [2018年9月14日2面]

 防衛省は19年度予算概算要求で、全国にある自衛隊施設の老朽更新費として420億円を計上した。庁舎や隊舎の改修を重点的に推進する。災害対処拠点となる駐屯地や基地の機能維持・強化も図る。耐震化・津波対策の促進に162億円を要求。航空自衛隊入間基地(埼玉県狭山市)周辺で進める災害対処拠点施設等整備には9億円を求めた。
 島しょ部への攻撃に対応するため、南西警備部隊の配置で必要となる施設整備費などに194億円を計上。奄美大島(鹿児島県奄美市)や宮古島(沖縄県宮古島市)で教育訓練施設などの整備を推進する。
 自衛隊病院の施設機能も充実させる。入間基地周辺で建設する自衛隊入間病院の本体工事費に40億円、自衛隊横須賀病院(神奈川県横須賀市)の建て替えに向けた基本検討費として70百万円を要求した。
 自衛隊などの基地周辺で取り組む住宅防音対策には645億円、河川・道路改修や砂防ダムの整備といった環境整備には929億円を計上した。在日米軍に提供する隊舎や家族住宅といった施設の整備費には217億円を求めた。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む