工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

関東整備局/246号渋谷駅東口歩道橋架替(東京都渋谷区)/深夜に大規模桁架設  [2018年9月26日1面]

 関東地方整備局は、23日深夜から24日早朝にかけて、東京都渋谷区で進めている「国道246号渋谷駅東口歩道橋架替工事」で最後となる大規模な桁架設を行った=写真。施工は東急建設・JFEエンジニアリングJVが担当。渋谷駅前の明治通りを通行止めにして、大型クレーンで約41tの箱桁ブロックを慎重につり上げ接合した。11月には歩行者の通行が可能となる予定。本年度内の完成を目指している。
 国道246号渋谷駅周辺整備事業の一環として進めている工事。施工場所は東京都渋谷区渋谷2。既存の歩道橋を撤去して、鋼5径間連続鋼床版箱桁ラーメン橋を整備する。幅員は既存歩道橋よりも広くなり、最大7mとなる。関東整備局は「完成まで気を抜かずに進めていきたい」(東京国道事務所)としている。
 渋谷駅周辺では、国道246号の東口と西口の両方で、歩道橋が再整備される。通行止めを伴う大規模な架設は今回が最後。ダイナミックな工事を一目見ようと一般市民も多く詰めかけた。同事務所はSNS(インターネット交流サイト)などを活用し、作業状況を同時中継した。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む