技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

大成建設/コンクリート打ち重ね管理システム開発/リアルタイムに状況把握  [2018年10月1日3面]

 大成建設は現場打ちコンクリートの打ち重ね状況をリアルタイムに把握し、情報共有できるシステムを開発した。システムを活用すると、複数箇所で同時にコンクリートを打設している現場で、コンクリートの打ち重ね開始までのリミットが確実に把握できる。打ち重ね開始のリミットが近付くとメールなどで担当者に通知する仕組み。打ち重ねの失敗によるコンクリートの手戻りを防ぐ。
 現場打ちコンクリート工事管理システム「T-CIM/Concrete」の機能の一つとして開発した。コンクリートを2層以上打設する場合、1層目のコンクリートが固まり始める前に2層目を打設する必要がある。固まり始めたコンクリートに2層目を重ねて打設しても二つの層が一体化せず、品質の低下を招いてしまう。
 開発したシステムはクラウドサーバーを利用し、タブレット端末から打ち重ね状況がリアルタイムに把握できる。複数のコンクリートの打設状況を表計算ソフトに表示し、さらに各コンクリートの状況を「打設前」「打設中」「打設済み」など色分けしたアイコンで視覚的に確認可能だ。打ち重ねのリミットが近付いている箇所は赤い表示で警告し、アラームやメールでも通知する。
 システムは1件の工事に適用済み。打ち重ね管理の効率化といった効果を確認しており、今後は現場打ちコンクリートの工事に積極的に導入する方針だ。
 一般的な打ち重ね管理では、各施工エリアの工事担当者が野帳に打設の開始・完了時間を記録。気温などの条件から打ち重ねを開始する時間を手作業で計算して打ち重ねを管理している。この方法だと複数箇所で打設する場合に全体のコンクリートの硬化状況を把握できないという課題があった。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む