技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

竹中工務店/軟弱地盤向け基礎工法開発/名古屋市で初適用、省人化・短工期化を実現  [2018年10月10日3面]

従来工法とW埋込工法の比較

 竹中工務店は9日、軟弱地盤の基礎工事を省人化・短工期化する新工法「W埋込工法」を開発した。従来工法よりも基礎工事が単純化できる。設計・施工を担当した「ららぽーと名古屋みなとアルクス」(名古屋市港区)のうち、商業棟の基礎工事500カ所に初適用した。従来工法と比較して基礎工事に携わる作業員が半減でき、工期も約20%短くできた。今後、商業施設や工場などを中心に積極的に適用していく考えだ。
 W埋込工法は柱脚と杭頭の両方を基礎フーチングに埋め込み、直接つなぎ合わせる。杭頭補強筋を入れる作業や、杭頭補強筋と他の部材との干渉を避けるための検討時間が省略できる。鉄骨柱が基礎梁内部に埋め込まれているため、柱から鉄骨梁を出して基礎梁を鉄骨化する場合でも活用が可能だ。
 同工法は基礎フーチング内で杭頭に柱脚を乗せるだけの単純な仕組み。以前から構想があったが、杭を正しい位置に打ち込めることが前提だった。杭打ちの精度が向上したことで同工法が実現した。従来工法は、RC造の基礎梁と杭基礎を基礎フーチング内の杭頭補強筋でつなぎ合わせている。工事によっては10本以上の杭頭補強筋が必要となるため、基礎工事が複雑化し手間がかかっていた。
 軟弱地盤の基礎工事では杭を多く打つため、基礎工事を単純化するW埋込工法の適用で工事の省人化・短工期化などの効果をより大きくすることができる。「ららぽーと名古屋みなとアルクス」商業棟の基礎工事では、従来工法と比較して1カ所当たり10%程度のコストカットを実現した。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む