論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/備えあっての災害対応力  [2018年10月12日1面]

 チェービー(つばめ)は、近畿地方に大きな被害をもたらした台風21号。チャーミー(バラ科の花の名前)は、JR東日本が首都圏全域で初の計画運休を実施した台風24号▼北西太平洋、南シナ海で発生する台風は、日本を含む14カ国・地域が加盟する台風委員会が2000年から固有の名前を付けている。各国の提案で用意された140個の名前を順番に命名。ダムレイ(象)から始まり、おおむね5年間で一巡する▼日本の提案はテンビン、ヤギ、ウサギ、カジキ、カンムリ、クジラ、コグマ、コンパス、トカゲ、ハトで、由来は星座。今年は沖縄・宮古島に猛烈な雨をもたらした14号がヤギ▼非常に強い勢力の台風が四半世紀ぶりに上陸し、都市部を含めて日本各地に大きなつめあとを残した。住宅の屋根が吹き飛ぶニュース映像も記憶に新しいが、飛散した瓦の修復で屋根工事業界が対応に追われている▼厳しい業界環境が続き瓦メーカーや職人が激減しており、思ったように作業が進まないという。災害時の対応は平時からの備えがあってこそ。災害への対応力を維持する「限界工事量」の重要性が一段と高まっている。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む