論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/読み間違えと文章校正  [2018年10月16日1面]

 「みまなさに だじいな おらしせ」で始まる広告のキャッチコピーがネットニュースなどで話題を呼んだ。富山県の和菓子店が看板商品のどら焼きのリニューアルを告知するためにとった広告戦略で、売り上げと認知度の両方が一気に高まった▼文字が入れ替わっていても補正して文章を読むことができる人間の認知の特性を逆手に取ったこの広告キャンペーンは大成功を収め、10日間で5万9200個の売り上げがあったという▼文字が並べ替わっていてもその文章を読めてしまうのは、われわれの脳が文章に含まれる単語を一つの集合として視覚的に認識しているためで、「タイポグリセミア現象」と呼ばれる▼この現象、人間の脳のだまされやすさを象徴しているともいえるが、編集業務とりわけ校正作業の担当者にとっては厄介な存在だ。すんなり読めていたはずだったのに活字になった段階で誤りに気付くという落とし穴のような現象だからである▼文字を扱う出版・印刷業界に先駆けて証券・金融業界では文章校正に人工知能(AI)を活用する事例が広がりつつあるようだ。AIなら冒頭の文書をどう読むのだろう。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む