行事

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

南海電鉄/なんばスカイオ(大阪市中央区)が開業/31階建て、オフィスや商業など  [2018年10月18日10面]

商業施設やオフィスなどが入る複合ビル

関係者によるテープカット

 南海電気鉄道が南海会館ビル跡地(大阪市中央区)に建設を進めてきた商業施設・オフィスなどで構成する超高層複合ビル「なんばスカイオ」が17日、開業を迎えた。施設規模はS一部SRC、RC造地下2階地上31階建て延べ約8万5000平方メートル。設計・監理を大林組、施工を大林組・竹中工務店・南海辰村建設JVが担当した。
 建設地は大阪市中央区難波5の1の60。かつて南海電鉄の本社が入っていた南海会館ビルの建て替え事業として、15年9月から工事が進められてきた。
 新ビルの2~6階と10階には物販・サービス・飲食など41店舗で構成する「なんばスカイオShops&Restaurants」が入る。7~8階がコンベンションホール、9階がメディカルフロア、10階がスカイロビー、高層部の13~30階がオフィスとなる。
 同日午前10時のオープンを前に、1階北側エスカレーター付近で式典が行われ、遠北光彦社長兼最高経営責任者(CEO)が「無事に開業を迎えることができたのも大林組・竹中工務店・南海辰村建設JVをはじめ、関係者のご尽力のおかげだと感謝している。当社は創業以来133年にわたり、難波の地で地域の歴史や文化と呼応しながら、多様な都市機能の集積を図ってきた。なんばスカイオは国際交流拠点として発展、成長していく象徴と位置付けている。2031年に予定されている『なにわ筋線』の開業に向け、今後もホテルや商業、オフィス機能の充実を図っていきたい」とあいさつした。
 この後、遠北社長と山中諄取締役相談役、歌舞伎俳優の市川右團次さん、高島屋の粟野光章常務大阪店長、総合南東北病院の渡邉一夫理事長、スイスホテル南海大阪のバーント・シュナイダー総支配人がテープカットを行い、開業を祝った。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む