行政・団体

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

ウガンダ政府/ナイル川源流橋の開通式開く/施工は錢高組JV、国内初の斜張橋誕生  [2018年10月19日1面]

橋長525mで物資輸送の要となる

右から錢高社長、佐藤外務副大臣、亀田大使、深瀬所長、米澤社長

 日本の円借款(有償資金協力)を活用し、ウガンダ南東部のジンジャ県に建設していた斜張橋「Source of the Nile Bridge(ナイル川源流橋)」が完成し、17日に現地で開通式が行われた。
 式典には同国のヨウェリ・ムセベニ大統領やモニカ・アズバ・ンテゲ公共事業・運輸大臣をはじめ、佐藤正久外務副大臣、亀田和明駐ウガンダ大使、深瀬豊国際協力機構(JICA)ウガンダ事務所長、錢高久善錢高組社長、米澤栄二オリエンタルコンサルタンツグローバル社長が出席。2000人以上の招待客と5000人を超す地元住民が集まり、開通を祝った。
 ヴィクトリア湖から流れるナイル川の源流近くに同国初の斜張橋を建設した。橋長は525メートル。135メートル、290メートル、100メートルの3径間で構成する。総幅員22・9メートル、主塔高約80メートルの一面つり構造を採用した。コンクリート主桁の斜張橋としてアフリカで最大級、東アフリカ最大規模の支間長を誇る。
 隣国のケニアやコンゴ、ルワンダなどを結ぶ北部経済回廊に位置し、内陸国であるウガンダで物資輸送の要所となる。ナイル川に架かる既存橋梁は、片側一車線で交通量の増加によって渋滞が慢性化している。老朽化が深刻で補修も困難なため、新橋梁を建設することにした。
 2012年6月14日に日本とウガンダの国交樹立50周年を記念し、秋篠宮ご夫妻が皇室として初めて同国を公式訪問した際、新橋梁の定礎式が行われた。14年4月14日の着工から4年半の歳月を掛け、無事開通の日を迎えた。
 同国は今回の式典を国家的行事と位置付けた。ムセベニ大統領のテープカットや関係者による渡り初めの後、橋梁付近に設営された会場で夕食会、イルミネーション点灯式などが行われた。花火も打ち上げられイベントに花を添えた。
 オリエンタルコンサルタンツグローバル・エイト日本技術開発JVが架橋位置の検討を含む実現可能性調査と詳細設計を担当。施工監理はオリエンタルコンサルタンツグローバル・エイト日本技術開発・PECJV。錢高組・現代建設JVが橋梁架設と取り付け道路を含む工事一式を施工した。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。