論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/消えゆく素材を残す努力を  [2018年10月19日1面]

 竹酔日(ちくすいじつ)に植え、3年目の10月13日辺りに採集する-。竹細工師の故水谷六々斎が残した言葉だ▼竹の植え替えに最適な日とされるのが旧暦5月13日の「竹酔日」。この日は竹が酒に酔っていて移されたことに気づかないのだそう。その由来は中国の古書に残るとも、民間伝承ともいわれるが、不思議なことに竹が酔う理由は判然としない。ただ、この日に植えた竹は繁茂すると信じられている▼六々斎は竹酔日から3年を経て最もいきおいのある竹にこだわり、花かごなどの作品をつくった。腕を磨くだけでなく、使う材料にこだわるのも一流職人の証しだ▼左官職人の挾土秀平氏から「本物の材料を手に入れるのが難しくなった」と聞いたことがある。「素材を育てる人、保存する人、吟味する人が消えると職人も駄目になる」と警鐘を鳴らしていた▼生け垣やしっくい、畳などに使う材料をどう守り続けるか。高齢者に支えられている世界だけに、残された時間は多くない。技術を継承する前に素材が無くなったというのでは本末転倒。生産者らを含め建築業界も本腰を入れて対応を話し合う時期にきている。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む