人事・訃報

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

凜/建設業振興基金企画広報部・梶原真央さん/多岐に渡る活動を分かりやすく  [2018年10月22日10面]

梶原さん

 転職サイトで探した建設業振興基金(振興基金)に入って4年目。CPD(継続教育制度)や人材育成、経営改善などの担当を経て、7月から企画広報部に配属された。
 大学の工学部を出て、食品メーカーの営業や大学医学部の実験助手として働いた後に財団勤務。「興味を持ったことにはまずやってみようと思うタイプ」と、どの職業も持ち前のバイタリティーで選んできた。高知県で建設会社を営む父親の影響もあって、建設業界は「国が発展するのになくてはならない」と以前から関心があった。
 メイン業務の社内システム管理を担当するかたわら、機関誌『建設しんこう』の編集にも携わり、原稿チェックなどを手掛けている。
 広報は多岐にわたる振興基金の活動を業界に知ってもらうための大事な仕事だ。その一環でホームページの見直しにも取り組んでいる。「組織内にある情報をいかに分かりやすく伝えるかが問われる」と、まずは各部署が持つ情報の収集作業から始めている。
 多くの業務を抱え、息つく暇もないほど忙しい時でも「まずは深呼吸をしよう」と、同じ部署の先輩と言い合っているとか。
 まとまった休みが取れれば実家に帰ってのんびり過ごす。長くなった東京暮らしで気付かなかった郷里の人たちの「明るい人柄」に触れながら、仕事への英気を養うという。(かじわら・まお)

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む