工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

東京五輪組織委/IBC・MPC整備(東京都江東区)/大和ハウス工業に  [2018年10月25日4面]

 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は24日、「IBC/MPC整備工事」の施工者を262億1200万円で大和ハウス工業に決め、契約したと発表した。東京都江東区にある東京ビッグサイトの一部を改良し、2020年東京五輪に対応した国際放送センター(IBC)とメインプレスセンター(MPC)を仮設する。
 工事場所は有明3の21の1ほか。東京ビッグサイト東展示のA、B両棟、東新展示棟をIBC、会議棟と西展示棟をMPCとして活用する。IBCは世界各国に映像と音声を配信し、MPCはメディア関係者の拠点となる。設計は佐藤総合計画が担当している。
 都が公表しているIBC・MPCの実施段階環境影響評価(環境アセス)書案によると着工後、20年6月までの整備完了を目指す。五輪閉幕後、使用した仮設施設をすべて撤去し、五輪前の状態に戻す。同工事の契約期間は20年11月30日まで。
 4月に一般競争入札で発注し6月22日に開札していたが、契約手続きに時間を要していた。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む