人事・訃報

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

凜/清水建設建築総本部・土井理子さん/若い人に職人の魅力伝えたい  [2018年11月5日14面]

土井さん

 「いろんな人と話すことが好きだったので、就職活動中は接客業も考えた」と話す彼女が飛び込んだのは、まさかの建設業。「建設業なら多くの職種と関わり合いが持てるのではないか」とアドバイスを受けたのがきっかけとなった。
 入社以来、調達部門で協力会社との契約や、協力会社の入職支援に携わっている。ここ1年は専門工事業者の人材採用支援に取り組む。10月には建設業を紹介する冊子を製作した。その中で「どうすれば若い人に専門工事業の魅力が伝わるか」を考え抜いた。
 冊子には構造物が完成するまでの工程を説明するページがある。各工程について「魅力的で、かつ一言で分かるような」フレーズをつけようと、社内ワーキンググループのメンバーから案を募った。とび工事は「建設現場の花形」、ガラス工事は「快適さを与える演出家」と、若い人の心に響きそうな言葉を選んだ。
 掲載する絵のリアリティーにもこだわり、イラストレーターに渡す資料写真を自ら撮影しに現場に出向いたことも。めったに歩くことのない足場には足がすくんだ。現場で職人たちがどんな思いで仕事をしているか「もっと勉強しなくては」と痛感した。
 仕事を通じて協力会社の重要性は身にしみている。「現場で働く職人さんのかっこよさを、若い人に知ってもらいたい」と伝え方を模索し続ける。
 (調達・見積総合センター管理部管理グループ)(どい・さとこ)

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む