工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

経産省/20年ドバイ万博日本館建設/19年早々にも工事入札公告  [2018年11月6日4面]

日本館の完成イメージ

 ◇建築設計は永山祐子建築設計
 経済産業省は5日、20年にアラブ首長国連邦のドバイで開催される国際博覧会(ドバイ万博、20年10月20~21年4月10日)に出展するパビリオン「日本館」建設事業の進捗(しんちょく)状況を公表した。建築設計は永山祐子建築設計(東京都杉並区)が担当。日本館のテーマ「地球交差点(仮)出会う・共感する・そして動き出す」を表現するデザインが特徴となる。年明けにも施工者を決める入札契約手続きに入る。大会開幕直前の20年夏ごろの完成を目指す。
 日本館の建築コンセプトは、▽シルクロードで交差していた日本と中東の文化や歴史を象徴する幾何学文様▽古くから日本の美意識の中で大切にしてきた光と影▽日本らしい水と風を現代的に表現-の3点。伝統文様「麻の葉文様」を立体格子で表現し、日よけと風を通す役割がある立体格子とテント膜で多様な光と影を演出する。建築物全体を環境装置と位置付け、水の循環システムと風の流れを利用した快適な空間を実現する。
 経産省によると、日本館建築工事の発注手続きは日本貿易振興機構(JETRO)に委託して行う。日本館の階数は4階建て程度、延べ床面積は5500平方メートル程度を見込む。建築工事費は未定という。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む