論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/野菜価格の高騰と個人消費  [2018年11月7日1面]

 きょう7日は「立冬」。ここ数日は比較的暖かな朝を迎えているが、首都圏でももうすぐ、コートを着て通勤する人の姿が目立つようになるだろう▼暦の上で冬が始まるこの日を、食品メーカーのヤマキが「鍋の日」、日本畜産副産物協会が「もつ鍋の日」にそれぞれ制定している。〈11(いい)7(な)べ〉という語呂合わせもいい▼鍋の具材で主役は何といっても肉や魚介だが、それらを引き立てる野菜をむしろ楽しみに食する方も少なくないだろう。主役のうまみもたっぷりしみこんだ野菜の味と歯応えは格別。これからの本格的な鍋シーズンに欠かせない食材だが、気になるのは価格の動向である▼関東農政局の公表資料によると、11月の東京都中央卸売市場に入荷する指定野菜(14品目)のうち、ダイコン、ニンジン、ハクサイ、ネギなどの価格が平年に比べて高い見通しだという。寒い時期にはありがたい料理の食材となる野菜であり、家計に与える影響が心配だ▼野菜やガソリンの価格高騰などで個人消費が振るわず、景気は足踏み状態との見方もある。消費マインドが冷え込まないための継続的な政策を望みたい。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む