技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

淺沼組ら9社/タイル剥落防止工法で性能証明取得/躯体表面に繊維シート貼り付け  [2018年11月7日3面]

タイル貼り前のコンクリート断面

 淺沼組ら9社は6日、繊維付きのシートを建築物の躯体表面に貼り付けるタイル剥落防止工法が、日本建築総合試験所の建築技術性能証明を取得したと発表した。シートの繊維がタイルを貼り付けるためのモルタルと絡み合い、乾いた後にタイルが落下しにくくなる。9社は今後、自社物件を中心に工法の活用を提案していく。
 「繊維植え込みシートを用いたタイル貼り付けモルタルの剥落防止工法」の建築技術性能証明は、8月21日付で取得した。代表企業を務める淺沼組のほか、鴻池組、佐藤工業、西武建設、大末建設、東亜建設工業、東急建設、東洋建設、松村組の9社が共同開発した。
 コンクリート躯体の表面にポリプロピレン長繊維でできたシートを貼り付ける。外壁タイルを貼り付ける際、モルタルとシートの繊維が絡み合い、繊維がアンカーの役割を果たすことでタイルが容易に落下しなくなる。
 適用範囲はコンクリートの設計基準強度が1ミリ平方メートル当たり21~36ニュートン(N)。コンクリート下地壁タイル直貼りに対応可能。タイル形状とサイズは小平口、二丁掛などとなっている。淺沼組によると、剥落防止工法は自社物件で4件適用した。今後も適用拡大を目指すとしている。
 躯体表面にモルタルを使用した仕上げ材は、主にRC造やSRC造の建築物に採用されている。経年劣化や地震時に、躯体表面とモルタル層の境界面で分離が起こり、タイルが剥がれる。落下した場合は建築物の付近を通る人にぶつかり、死傷災害につながる可能性もあることから、設計者や施工者にとって最も防止したい現象の一つに挙げているという。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む