論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/技術革新と規制のバランス  [2018年11月8日1面]

 技術革新を進めようとする場合、規制の在り方が常に問われる。規制が強すぎるあまり、産業の発展を遅らせる原因になることもある▼興味深い一例に、19世紀後半に英国で施行された「赤旗法」がある。同法では、歩行者や馬車の安全を確保するため、赤旗を持った者が自動車の前方で先導し、危険物の接近を知らせなければならないとされた。これがスピードを要求される自動車産業の発展を遅らせたともいわれる▼現在の自動車産業が目指している自動運転で常につきまとうのが安全性との両立だ。道路脇から急に子どもが飛び出してきた時などの事故リスクをどう防ぐかが問われている▼リスクを回避しようと規制を厳しくしすぎれば、技術の発展も望めない。一方で規制を打破してこそ、未来につながる技術が革新していくのだとすれば、英国の赤旗法も過去の過ちと笑えなくなる▼「もっと自由な発想で考えるべきではないか」。規制を作る側の行政関係者がそう話していたのを聞いた。「賢く使う」ことが求められるインフラ分野。大胆な発想を阻むことがないよう、未来を形作る上で規制とのバランスが問われる。

このジャンルの最新記事

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む