工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

清水建設JV/東京国際展示場増築工事大詰め/大屋根ユニットをリフトアップ  [2018年12月5日1面]

大屋根のリフトアップが進む現場

 清水建設・錢高組・村本建設・共立建設JVが施工する「東京国際展示場増築工事」(東京都発注)が19年6月の完成に向け大詰めを迎えている。東京都江東区の東京ビッグサイトに展示棟や駐車場棟などを増築するプロジェクト。総延べ床面積は6・6万平方メートルに達する。現時点での進捗(しんちょく)率は80%。4日には重量約500トン、面積約2200平方メートルの大屋根ユニットのリフトアップを実施。ジャッキを使い、約2時間かけて地上40メートルの高さまで引き上げた。
 リフトアップに当たっては、4階床の完成後に床上で大屋根ユニットを構築。同時にリフトアップ用のジャッキを設置する仮設の鋼製やぐら4体を、各ホール外周部の躯体上に組み立てた。各やぐらにジャッキを4台ずつ設置し、ワイヤケーブルでジャッキと大屋根ユニットの四隅16点を連結。最後にジャッキで大屋根ユニットを持ち上げ、躯体と一体化した。
 屋根にかかわる高所作業では墜落や転落などの災害が発生しやすい。リフトアップでは墜落・転落災害を防ぐため、あらかじめ床上で大屋根ユニットを構造、設備、仕上げを含めて完成に近い状態に施工。高所作業を減らすことで安全性を高めた。
 東京ビッグサイトは2020年東京五輪・パラリンピックで国際放送センター(IBC)とメインプレスセンター(MPC)として稼働する予定だ。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む