論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/伝統の継承  [2018年12月6日1面]

 秋田・男鹿半島に伝わる「ナマハゲ」など10行事が「来訪神 仮面・仮装の神々」として、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に選ばれた。仮装した人が神の使いとなって地域の家を回る行事で、無病息災などにつながるとされている▼男鹿半島ではナマハゲの後継者不足が深刻化していると聞いた。ナマハゲが回る家々も住民の高齢化が進む。「泣く子はいねが!」と大声で入っていくと、老夫婦から「よく来たな」と歓迎されて苦笑する。そんな光景もあるそうだ▼こうした伝統行事はいったん無くなると、復活が非常に難しい。今回の登録によって国内外で注目が高まり、見に行く人が増えるはず。そのことが世代を超えて継承していく力にもなってほしい▼無形文化遺産への登録で、日本は「伝統建築工匠の技」も提案中だ。木工やかやぶき、左官など14の伝統技術で構成される。歴史的な木造建築物では、時には部材を取り換えながらも一体性を維持し、持続可能性を高めてきた▼伝統技術を文化的観点からも認めていくことは担い手を確保していく上でも重要な視点ではないか。次回の朗報にも期待したい。

このジャンルの最新記事

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む