工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

名古屋市/市民会館建替/商業施設との複合化検討、19年度に基本構想策定へ  [2018年12月14日10面]

 名古屋市は、市民会館の建て替えで、北側の古沢公園敷地を一体的に利用し、新会館と商業機能などが入る複合施設整備を検討している。18年度中に方針を固め、19年度に基本構想を策定する。観光文化交流局は、19年度予算要求に基本構想策定費2500万円を盛り込んだ。これまでは、市民会館を古沢公園へ移転し、跡地に公園を含めた民間提案施設を整備する考えだった。
 古沢公園の敷地は5200平方メートルで、現市民会館敷地の約3分の1しかなく、同規模のホール建設が難しいと判断し、方針を転換した。
 現市民会館は1972年の開館。1万4205平方メートルの敷地に2291席の大ホール、1146席の中ホール、リハーサル室、会議室などが入るSRC造地下2階地上6階建て延べ2万8245平方メートルの建物がある。交通アクセスの良さから音楽、舞踏、美術などに幅広く利用されているが、老朽化が目立つため建て替えが計画された。
 市民会館の建て替えは、市が17年3月に作成した「金山駅周辺まちづくり構想」の目玉事業。公園敷地を一体利用することで、商業施設や広場を含むシンボル空間を形成でき、民間の資金やノウハウも活用しやすくなる。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。