論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/名付けてゼブラ・ストップ作戦  [2018年12月19日1面]

 何かと慌ただしい12月は1年の中でも交通事故が多い。年末にかけて交通量が増えるのも一つの要因のようだ▼千葉県警が今年8月から進める交通安全のための活動は、名付けて「ゼブラ・ストップ作戦」。シマウマの英訳「ゼブラ」と交通安全がどう関係するのかを知ると、なるどほどそうかと合点がいく。横断歩道の和製語である「ゼブラゾーン」の「ゼブラ」にかけて、横断歩道上の歩行者の保護を強化することなどが目的の作戦という▼視覚的にもシマウマの白と黒のしま模様は、横断歩道を連想させる。ゼブラの「ゼ」は前方、「ブ」はブレーキ、「ラ」はライト。これらを運転者に強く意識させて事故防止につなげる▼建設工事に伴う事故は、現場内だけで発生するとは限らない。現場周辺の道路で交通事故を起こさないためにも細心の注意が必要だ▼アニメソング歌手の渡辺あゆ香さんが作詞・作曲した「ゼブラ・ストップの歌」が県警ホームページで配信されている。〈♪ゼブラストップ ゼブラストップ 道路にシマウマ見つけたら…ゼブラを守って運転だ!〉。今年もあと10日ほどで仕事納め。どうぞご安全に。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。