工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

福島市にサッカースタジアムをつくる会/総合スポーツスタジアム建設提案/ピッチ昇降  [2018年12月26日17面]

天然芝フィールド上昇時

天然芝フィールド下降時

 福島市の経済団体やサッカーJ3の福島ユナイテッドFCを運営するAC福島ユナイテッドなどでつくる「福島市にサッカースタジアムをつくる会」(会長・渡邊博美福島商工会議所会頭)は21日、福島市街地などへの立地を想定した総合スポーツスタジアムの建設を提案した。天然芝のフィールドが上昇して屋根になる世界でも例を見ないスタジアムで、同会では国内外に広く周知し、実現に向けた機運を高めたいとしている。設計は東畑建築事務所が担当。
 スタジアムは中心市街地の活性化につながる「福島街なか集客交流施設」と位置付けた。サッカーをはじめ、全天候型の施設としてコンサートや展示会などに対応するコンベンション機能を持ち、冬季は各種スポーツの練習場としても利用できる。会議室や商業施設も備えることで稼働率の高い総合スポーツ拠点を目指す。
 具体的な整備計画は決まっていないが、立地場所は福島市街地や鉄道駅の近くを想定。規模はRC・S造地下1階地上6階建て延べ約4万8000平方メートル。J1の基準を満たす1万5000人を収容し、フィールド(アリーナ)の面積は9360平方メートル(117メートル×80メートル)。
 固定屋根上部のウインチを巻き上げてピッチを約30メートル上昇させることでフィールド部分をアリーナとして利用できる。
 今後、官民連携協議会の設置や事業可能性の調査を進める。事業主体や運営主体、運営収支などについても検討する。
 同会は国際試合を開催できるスタジアムを整備しようと、15年に設立した。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む