工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

愛知県/ジブリパーク整備概要/大芝生広場中心に5エリア配置、19年度から実施設計  [2018年12月26日19面]

ジブリの大倉庫エリアのイメージ(提供・スタジオジブリ)

 愛知県は、スタジオジブリのアニメ作品の世界を展開する「ジブリパーク」について、整備概要を発表した。愛・地球博公園(長久手市)にある大芝生広場を取り囲むように5エリアを配置する。デザイン監修を同社、基本設計を日本設計が担当、本年度中にまとめる。19年度から実施設計に入り、20年度に着工する。5エリアのうち「青春の丘」「ジブリの大倉庫」「どんどこ森エリア」の3エリアを22年秋に開業、残る「もののけの里エリア」「魔女の谷エリア」は約1年後のオープンを目指す。
 計画によると、「青春の丘エリア」になるのは、現在のエレベーター棟周辺約7500平方メートル。同棟を19世紀末の空想科学的要素を取り入れた建物に改修。映画「耳をすませば」に登場する「地球屋」を再現した施設やロータリーのある広場も整備する。
 「ジブリの大倉庫エリア」は、温水プール跡地に整備される。約60メートル×70メートルの建物内に和洋折衷の建築空間を配置する。
 「どんどこ森エリア」は、既存の「サツキとメイの家」の周辺約2万平方メートルが対象。受付棟を改修するほか、裏山の遊歩道をトトロの森をイメージさせるよう再整備する。
 「もののけの里エリア」の対象地は、体験学習向けの果樹園や田として使われている「あいちサトラボ」内の未供用エリア約5400平方メートル。映画「もののけ姫」をイメージした「タタラ場」は体験学習施設となる。そのほか、炭焼き小屋や休憩所などを設置する。
 「魔女の谷エリア」は大芝生広場東側の未利用地約2万7000平方メートル。北ヨーロッパ風の空間として映画「ハウルの動く城」「魔女の宅急便」をイメージしたエリアとする。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む